訃報年表(昭和時代1)

 

没日
名前
享年
概要
昭和元年(1926年)
12月25日 荘清次郎 65歳 実業家。
12月30日 海山太郎 73歳 大相撲力士。
12月31日 池田政佑 40歳 陸軍少佐、男爵。大正天皇に殉死。
昭和2年(1927年)
1月2日 榊原政和 60歳 子爵。
1月3日 吉武栄之進 64歳 応用化学者。
1月4日 塚本ふじ 58歳 婦人運動家。
1月6日 松平千代子 82歳 井伊直弼の娘、松平頼聰の正室。
6代六郷新三郎 69歳 歌舞伎囃子方。
西川豊 43歳 芥川龍之介の義兄(姉の夫)、弁護士。自宅放火の嫌疑をかけられ、鉄道自殺。
1月7日 高取伊好 78歳 高取鉱業社長、炭鉱技術者。
3代尾上多見蔵 62歳 歌舞伎役者。
藤瀬政次郎 61歳 三井物産取締役、東洋綿花社長。
1月8日 亀井宇之助 85歳 彫物師。
1月10日 大沢謙二 76歳 生理学者、医師、貴族院議員。
1月11日 伊沢良立 61歳 住友銀行副支配人、大日本製糖常務、弥生商会創業者。
1月18日 岩崎勲 50歳 衆議院議員、弁護士、弁理士。
南拾参生 34歳 俳人。
1月19日 島田孫市 66歳 島田硝子製造所創業者。
1月22日 関清英 77歳 検察官、佐賀県知事・群馬県知事・長野県知事・警視総監・衆議院議員・貴族院議員。
1月23日 原口要 77歳 鉄道技術者、都市計画技術者。
森肇 64歳 ジャーナリスト、衆議院議員。
太田辰夫 24歳 詩人。
1月26日 簾外亭猫翁 86歳 狂歌師。
1月27日 石田新太郎 58歳 教育者、慶應義塾理事。
1月28日 石橋思案 61歳 小説家。脳溢血のため死去。
1月29日 湯地定監 79歳 海軍機関中将、貴族院議員。
昆田文治郎 66歳 古河合名会社理事長、弁護士。
1月30日 福岡世徳 80歳 衆議院議員、松江市長、弁護士。
2月1日 島津長丸 57歳 貴族院議員。
2月5日 川路太郎
(川路寛堂)
84歳 教育者。
2月6日 神尾光臣 73歳 陸軍大将。
工藤貞次 68歳 作曲家。
初代桂枝太郎 62歳 落語家。
芳賀矢一 61歳 国文学者。心臓麻痺のため死去。
2月8日 岡谷惣助 77歳 名古屋紡績創業者、愛知銀行頭取。
2月9日 柳田富士松 62歳 鈴木商店大番頭。脳溢血のため死去。
2月10日 井上泰助 71歳 新選組隊士。
河内礼蔵 66歳 陸軍中将。
2月13日 豊年斎梅坊主 74歳 寄席芸人。
4代吉田文三 64歳 浄瑠璃人形遣い。
2月14日 野元驍 75歳 浪速銀行頭取。
2月15日 田原法水 85歳 浄土真宗の僧。
2月16日 押上森蔵 73歳 陸軍中将。
石井義太郎 62歳 海軍少将。
2月18日 根津一 68歳 陸軍少佐、教育者。
2月19日 豊辺新作 66歳 陸軍中将。
2月20日 石川一禎 78歳 石川啄木の父。
西原為五郎 58歳 陸軍少将。
2月21日 島田保之助 70歳 衆議院議員、ジャーナリスト。
2月23日 高島九峯 82歳 漢詩人。
野田卯太郎 75歳 逓信大臣・商工大臣、衆議院議員。
山口政二 41歳 衆議院議員。
2月24日 鈴木宗言 65歳 大審院検事、旭薬品工業創業者。
2月25日 岡田松之助 69歳 植物学者。
月岡耕漁 59歳 浮世絵師、画家。
2月27日 有田温三 63歳 衆議院議員、ジャーナリスト。
2月28日 木村熊二 83歳 牧師、教育者。
高橋瑞子 76歳 女医。
3月1日 中村是公 61歳 南満州鉄道総裁、鉄道院総裁、東京市長、貴族院議員。胃潰瘍のため死去。
3月3日 大森鐘一 72歳 長崎県知事・兵庫県知事・内務総務長官・京都府知事、貴族院議員。
荒井泰治 67歳 鐘淵紡績・富士紡績支配人、台湾商工銀行頭取。
3月4日 守住勇魚 74歳 画家。
山岡直記 63歳 式部官・通訳官。
3月7日 榊原政敬 85歳 越後高田藩主。享年は83とも。
3月8日 富田愿之助 64歳 衆議院議員、医師。
大村西崖 60歳 美術史家、美術評論家。
3月10日 永田仁助 65歳 浪速銀行頭取、貴族院議員。
3月12日 新海竹太郎 60歳 彫刻家。
高松梅窓 不明 筝曲家。ロサンゼルスで客死。
3月14日 比志島義輝 81歳 陸軍中将。
錦田義富 44歳 哲学者。
3月15日 木戸豊吉 66歳 衆議院議員、京都府会議長。
3月20日 楠瀬幸彦 70歳 陸軍中将、樺太庁長官、陸軍大臣。
3月21日 有間頼萬 64歳 伯爵。
3月22日 豊辺新作 66歳 陸軍中将。
3月24日 市川徹弥 66歳 陸軍通訳官、貿易商。
3月26日 三ヶ島葭子 42歳 歌人。
3月27日 里見義正 66歳 台湾総督府弁務署長。
3月28日 野副重一 63歳 衆議院議員、仙台市会議長、弁護士。
3月29日 巨智部忠承 74歳 地質学者。
中沢静雄 43歳 小説家、文芸評論家、随筆家。
3月30日 沼田紅緑 37歳 映画監督、脚本家、俳優。ワイル病のため死去。
3月31日 山田寅吉 75歳 土木技術者。
黒沢兼次郎 53歳 大陸浪人。
4月 岡幸七郎 60歳 漢口日報社長。
4月1日 兵頭雅誉 70歳 陸軍中将。
荒川義太郎 66歳 鳥取県知事・三重県知事・香川県知事・長崎県知事・横浜市長、貴族院議員。
4月3日 永井金次郎 54歳 高知県知事・小樽区長・樺太庁長官。
4月4日 俣野第四郎 26歳 画家。
4月6日 志賀重昂 65歳 地理学者、衆議院議員。
太田玉茗 57歳 詩人。
4月9日 山口辰弥 72歳 海軍造船総監。
4月10日 初代須田菁華 66歳 陶芸家。
4月12日 須見千次郎 81歳 衆議院議員、第八十九銀行会長。
4月13日 片岡直輝 72歳 大阪瓦斯社長・阪神電鉄社長・南海電鉄社長、貴族院議員。膵臓炎と十二指腸潰瘍のため死去。
沢田撫松 57歳 新聞記者、小説家。
4月17日 藤井幸槌 64歳 陸軍中将。
山本唯三郎 55歳 松昌洋行支配人。胃痙攣のため死去。
4月18日 大江正路 76歳 剣道家。
藤代禎輔 60歳 ドイツ文学者。
4月20日 竹内余所次郎 63歳 社会運動家、薬剤師。
4月20日 4代春風亭柳枝 60歳 落語家。卒中のため死去。
鈴木春浦 60歳 演劇評論家。
4月22日 佐藤六石 64歳 漢詩人。
4月26日 志水直 79歳 陸軍大佐、衆議院議員、名古屋市長。
4月27日 浅田信興 77歳 陸軍大将、教育総監。
長坂研介 58歳 陸軍中将。
4月28日 石橋為之助 57歳 神戸市長、衆議院議員、実業家。
4月30日 尾見薫 54歳 外科学者、医師。
5月1日 萬鉄五郎 43歳 画家。結核のため死去。
5月2日 福田英子
(景山英子)
63歳 婦人運動家。
5月3日 三輪田真佐子 85歳 教育者。
玉橋市三 45歳 鉄道技術者。
5月4日 栗林五朔 62歳 衆議院議員、栗林合名創業者。胸膜炎と腹膜炎のため死去。
井出健六 46歳 採鉱学者。
5月10日 石橋健蔵 69歳 陸軍中将。
5月13日 祷苗代 52歳 衆議院議員、弁護士。
5月14日 河西健次 60歳 陸軍軍医。
5月16日 八嶌山平八郎 54歳 大相撲力士(前頭)。
4代片岡愛之助 47歳 歌舞伎役者。
5月19日 望月小太郎 63歳 衆議院議員、ジャーナリスト、弁護士。
5月21日 長井群吉 71歳 海軍少将。
5月23日 内藤政挙 76歳 日向延岡藩主。
山田源一郎 59歳 作曲家。
5月24日 並河靖之 83歳 七宝家。動脈硬化症のため死去。
矢橋賢吉 59歳 建築家。
6月 福原義柄 53歳 医学者。
6月1日 屋井先蔵 65歳 乾電池発明者。
6月3日 青木董平 50歳 海軍少将。
6月16日 4代吉田辰五郎 不明 人形浄瑠璃の人形遣い。
6月19日 山崎甚五郎 46歳 電気化学者。
6月20日 7代錦光山宗兵衛 60歳 陶芸家。
6月21日 尾立維孝 69歳 検察官。
6月25日 大槻竜治 65歳 税務官僚、大阪電気軌道社長。
6月26日 草鹿甲子太郎 64歳 衆議院議員、弁護士。
6月27日 藪田岩松 72歳 安田銀行支配人、東京建物社長。
小山作之助 65歳 教育者、作曲家。狭心症のため死去。
7月4日 島地大等 53歳 浄土真宗の僧。
7月5日 鉛市兵衛 67歳 鉛丹・鉛白事業家。
高田慎吾 48歳 児童問題研究家。
7月7日 松野霞城 61歳 画家。
7月9日 丸岡九華 63歳 詩人、小説家。
7月15日 安河内麻吉 55歳 静岡県知事・広島県知事・福岡県知事・神奈川県知事・内務次官。
7月19日 沼波瓊音 51歳 国文学者、俳人。
7月22日 久志本梅荘 73歳 書道家。
7月24日 芥川龍之介 36歳 小説家。睡眠薬自殺(青酸カリとする説もあり)。
7月25日 吉田源応 79歳 第242・245世天台座主。
奥田角四郎 60歳 陸軍一等主計正。
7月27日 堀貞 56歳 共保生命保険社長。
宇佐美桂一郎 54歳 応用化学者。
7月28日 岡田正之(剣西) 64歳 漢文学者。
7月29日 飛鳥井孝太郎 61歳 日本陶器創業者。
7月30日 市川文吉 81歳 ロシア語通訳、外交官。
村野常右衛門 69歳 衆議院議員、貴族院議員、実業家。
村井弦斎 65歳 ジャーナリスト。
8月1日 2代中村翫助 65歳 歌舞伎役者。
山内愚僊 62歳 画家。
8月8日 末弘威麿 68歳 財団法人立命館理事。
安藤直雄 46歳 男爵。
8月9日 福島清 63歳 俳優。
8月10日 井上敬之助 63歳 衆議院議員、滋賀県議会議長。
8月11日 左右田喜一郎 47歳 経済学者、貴族院議員。
古泉千樫 42歳 歌人。
8月13日 飯村丈三郎 75歳 衆議院議員、いはらき新聞社長。タクシーにはねられ事故死。
8月22日 菊池慎之助 62歳 陸軍大将、教育総監。
8月24日 天春文衛 81歳 衆議院議員、貴族院議員。
五十嵐恵 39歳 海軍中佐。美保関事件で殉職。
8月26日 押小路実英 52歳 子爵。
8月27日 福田和五郎 61歳 ジャーナリスト、大隈重信暗殺未遂犯。
平井要三 37歳 船舶工学者。
9月2日 柳生俊益 77歳 大和柳生藩主。
2代梅ヶ谷藤太郎 50歳 第20代横綱。
9月3日 西郷吉義 73歳 医師、宮中顧問官。
9月5日 加藤定吉 67歳 海軍大将。
黒沢準 50歳 陸軍中将。
9月8日 上山珊瑚 28歳 女優。咽頭癌のため死去。
9月10日 伊藤大八 70歳 衆議院議員、南満州鉄道副総裁。
9月11日 二条厚基 45歳 貴族院議員。
9月13日 横井時雄 71歳 牧師、ジャーナリスト、同志社社長、衆議院議員。
9月14日 塚原周造 81歳 東洋汽船創業者。
9月15日 小山秋作 66歳 陸軍大佐。
小常陸由太郎 42歳 大相撲力士(関脇)。
9月16日 浮田桂造 82歳 衆議院議員、実業家。
9月18日 武内検校 76歳 地唄筝曲家。
佐藤鋼次郎 66歳 陸軍中将。
竹内一次 60歳 諜報員。
徳冨蘆花 60歳 小説家。狭心症のため死去。
9月20日 大迫尚敏 84歳 薩摩藩士、陸軍大将、学習院院長。
9月24日 山縣伊三郎 71歳 徳島県知事・三重県知事・内務次官・逓信大臣・韓国副統監・朝鮮総督府総務長官・
枢密顧問官。
青山忠精 19歳 子爵。
9月27日 10代今泉今右衛門 80歳 陶芸家。
萩原正清 75歳 農民運動家。
10月4日 6代嵐吉三郎 53歳 歌舞伎役者。
10月5日 平林鳳二 58歳 俳人。
10月7日 吉井幸蔵 73歳 海軍少佐、貴族院議員。
10月8日 楠美恩三郎 60歳 作曲家。
10月9日 初代白井遠平 82歳 衆議院議員、実業家。
10月13日 潮みどり 31歳 歌人。結核のため死去。
10月16日 長沢亀之助 68歳 数学者。
10月19日 丹波敬三 74歳 薬学者。
10月24日 有松英義 65歳 三重県知事・内閣法制局長官、枢密顧問官。
10月26日 角田他十郎 64歳 大陸浪人。
五条為功 55歳 貴族院議員、子爵。
八木重吉 30歳 詩人。結核のため死去。
10月28日 牛丸友佐 56歳 国家主義者。
10月29日 本間英一郎 75歳 鉄道技術者。
10月30日 織田信親 78歳 丹波柏原藩主。
永田錦心 43歳 琵琶演奏家、画家。
11月1日 横井時敬 68歳 農学者、農業経済学者。
山田延男 32歳 科学者。ポロニウム研究による放射線障害のため死去。
11月3日 中村勝契 73歳 第246世天台座主。
11月9日 南条文雄 79歳 仏教学者、宗教家。
11月10日 宇佐川一正 79歳 陸軍中将、貴族院議員。
11月14日 北村四海 57歳 彫刻家。
11月15日 村上格一 66歳 海軍大将、海軍大臣。
3代中村雀右衛門 53歳 歌舞伎役者。
11月17日 石川柳城 81歳 画家。
中原徳太郎 57歳 衆議院議員、整形外科医。
11月20日 岩谷莫哀 40歳 歌人。
11月26日 岡崎藤吉 72歳 岡崎財閥創業者、貴族院議員。胃癌のため死去。
小野英二郎 64歳 日本興業銀行総裁。心臓麻痺のため死去。
12月1日 林田亀太郎 65歳 衆議院議員、実業家。
森丘覚平 54歳 衆議院議員、富山県会議長。
12月3日 永峰秀樹 80歳 英文学者、翻訳家。
12月4日 中原貞三郎 69歳 土木技術者。
12月7日 新井石禅 64歳 曹洞宗管長。
12月9日 堀江帰一 52歳 経済学者。脳出血のため死去。
12月13日 10代大村彦太郎 59歳 白木屋店主、貴族院議員。
12月16日 吉田要作 78歳 外交官、鹿鳴館館長。
薄定吉 66歳 岐阜県知事・長崎市長。
12月19日 黒岡帯刀 77歳 海軍中将、貴族院議員。
戸張弧雁 46歳 彫刻家、版画家。
12月23日 野村素介 86歳 長州藩士、元老院議官、貴族院議員。
12月24日 澤柳政太郎 63歳 文部官僚、東北帝国大学総長、京都帝国大学総長。
12月26日 水城圭次 45歳 海軍大佐。美保関事件の軍法会議の判決日の前日に自決。
12月27日 菅沼豊次郎 60歳 判事、弁護士。
12月30日 湯浅十框 64歳 俳人。
昭和3年(1928年)
1月2日 阿部亀治 61歳 品種改良家。
1月3日 山田良水 68歳 陸軍中将。
1月4日 塚本里子 86歳 教育者。
1月5日 安香堯行 74歳 薬学者。
山口宏沢 59歳 国家主義者。
1月6日 園基資 73歳 伯爵。
1月8日 辻利右衛門 85歳 製茶家。
1月9日 3代松風嘉定 59歳 陶器事業家。
1月10日 押川方義 78歳 牧師、教育者、衆議院議員。脳溢血のため死去。
西源四郎 69歳 外交官。
1月12日 名和又八郎 66歳 海軍大将。
1月13日 小池靖一 76歳 衆議院議員、貴族院議員。
1月16日 2代尾上卯三郎 69歳 歌舞伎役者。
日高謹爾 52歳 海軍少将。
1月21日 横田万寿之助 69歳 実業家。
1月23日 松本鼎 73歳 陸軍中将。
1月27日 大岡育造 73歳 弁護士、衆議院議長、文部大臣。
1月28日 坂口昂 57歳 歴史学者。
2月 中村左右馬 86歳 土佐藩郷士、高知県日下村長。
2月3日 今井卯木 56歳 川柳作家。
2月6日 10代都太夫一中 61歳 浄瑠璃太夫。
2月7日 九条武子 42歳 教育者、歌人。敗血症のため死去。
2月8日 竹本小清 65歳 女義太夫の太夫。
2月10日 湯地定基 86歳 薩摩藩士、根室県令・元老院議官・貴族院議員。
2月11日 田南岳璋 53歳 画家。
2月17日 大槻文彦 82歳 国語学者。肺炎のため死去。
2月20日 和田久太郎 36歳 無政府主義者、労働運動家、俳人。秋田刑務所で服役中に自殺。
2月23日 村上庸吉 61歳 住友総本店営繕部長。
2月24日 津野一輔 53歳 陸軍中将。
2月25日 中野貫一 83歳 石油事業家、衆議院議員。
2月27日 遠山五郎 41歳 画家。
2月28日 岸本賀昌 61歳 内務官僚、衆議院議員、那覇市長。口腔癌のため死去。
山邑多三郎 49歳 山邑酒造代表、衆議院議員。
2月29日 山本露葉 50歳 詩人、小説家。
3月5日 姫島竹外 89歳 画家。
片上伸 45歳 文芸評論家、ロシア文学者。脳溢血のため死去。
3月7日 松川敏胤 70歳 陸軍大将。
3月8日 久宮祐子内親王 2歳 昭和天皇の皇女。敗血症のため死去。
3月10日 鳥居素川 62歳 ジャーナリスト、新聞記者。
二木千年 51歳 釧路市長・八幡市長。
3月12日 谷本伊太郎 59歳 三菱倉庫会長。
3月15日 九鬼紋七 63歳 四日市銀行取締役、四日市鉄道社長、衆議院議員。
吉村伊助 56歳 衆議院議員、京都府会議長、丹後織物社長。
3月16日 大矢透 79歳 国語学者。
3月19日 岩下清周 72歳 実業家。
3月20日 志佐勝 65歳 海軍主計中将、貴族院議員。
関根達発 46歳 俳優。
3月21日 斎藤珪次 69歳 衆議院議員、ジャーナリスト。
中川忠順 56歳 美術史家。
3月23日 竹内明太郎 69歳 実業家、衆議院議員。肺炎のため死去。
白井雨山 65歳 彫刻家。
3月25日 水野好美 66歳 俳優。
大島亮吉 30歳 登山家。前穂高岳北尾根で墜落死。
3月27日 稲垣乙丙 66歳 農学者。
3月29日 小原伝 68歳 陸軍中将。
3月31日 矢野猪之八 64歳 徳島市長、弁護士。
4月2日 河瀬秀治 90歳 宮津藩士、武蔵知県事、小菅県令、印旛県令、熊谷県令、群馬県令、実業家。
二条基弘 70歳 宮中顧問官、貴族院議員。
4月4日 山根武亮 76歳 陸軍中将、貴族院議員。
4月6日 河辺華挙 85歳 画家。
4月11日 龍野周一郎 65歳 衆議院議員、実業家。
奥戸善之助 58歳 弁護士。
4月16日 中川謙二郎 79歳 教育者。
元田作之進 67歳 牧師、教育者、立教大学学長。脳出血のため死去。
4月17日 鮫島重雄 80歳 陸軍大将。
4月18日 宮崎道三郎 74歳 法学者。
4月22日 大倉喜八郎 92歳 大倉財閥創始者。大腸癌のため死去。
武藤金吉 63歳 衆議院議員、内務政務次官。
4月23日 園池実康 72歳 子爵、宮中顧問官。
4月26日 岩崎行親 74歳 第七高等学校造士館館長。
宮田哲雄 62歳 医師、東京市会議員。
4月29日 2代若尾幾造 72歳 横浜若尾銀行頭取、衆議院議員、貴族院議員。
5月4日 松村任三 73歳 植物学者。脳溢血のため死去。
5月5日 4代尾上松助 86歳 歌舞伎役者。
2代竹本春子太夫 62歳 義太夫節の太夫。
5月8日 瀬川露城 78歳 俳人。
西本省三 51歳 中国研究家。
5月9日 重見熊雄 68歳 陸軍中将。
5月10日 牧野平五郎 65歳 衆議院議員、富山市長。
5月12日 森茂 53歳 中国研究者。
5月15日 田中幸三郎 74歳 錦窯組取締役。
5月16日 進十六 86歳 長州藩士、司法官。
5月17日 伊勢ノ濱慶太郎 46歳 大相撲力士(大関)。服毒自殺を図り死去。
5月19日 改野耕三 72歳 衆議院議員。
5月21日 京極高徳 71歳 子爵、貴族院議員。
野口英世 53歳 細菌学者。ガーナのアクラで黄熱病のため死去。
5月22日 内藤文治良 60歳 実業家、山梨県会議員。
5月23日 島田数雄 63歳 亜洲日報創刊者、上海日報主筆。
5月24日 来栖七郎 46歳 衆議院議員、ジャーナリスト。
5月26日 上遠野富之助 70歳 名古屋商業会議所会頭、名古屋鉄道社長。
5月27日 福垣真応 58歳 真言律宗の僧。
6月1日 正邦宏 33歳 俳優。
6月2日 佐々正之 67歳 ジャーナリスト。
6月5日 島津忠備 38歳 男爵、理学者。
6月8日 伊沢蘭奢 40歳 新劇女優。脳出血のため死去。
6月13日 杉山四五郎 59歳 高知県知事・宮崎県知事・京都府知事・内務次官。
6月15日 初代梅ヶ谷藤太郎 84歳 第15代横綱。
6月16日 裏辻彦六郎 54歳 陸軍中佐。
6月23日 物集高見 82歳 国学者。
芝祐夏 70歳 雅楽家。
6月26日 芥川道章 80歳 芥川龍之介の養父。
吉岡顕作 55歳 陸軍中将。
6月28日 小西甚之助 74歳 衆議院議員。
7月11日 倉田松濤 64歳 画家。
7月13日 大矢正夫 66歳 自由民権運動家。
7月15日 宮崎民蔵 64歳 社会運動家。
7月16日 黒住成章 54歳 衆議院議員、司法参与官。
7月20日 南日恒太郎 58歳 英語教育者。水泳中の心臓麻痺のため死去。
7月23日 葛西善蔵 42歳 小説家。肺病のため死去。
7月26日 阿部亀彦 54歳 高知県知事・広島県知事。
7月27日 山田市郎兵衛 78歳 貿易商。
鈴木四十 55歳 高峰商事社長。
長谷川零余子 43歳 俳人。
7月29日 板倉勝憲 58歳 貴族院議員、子爵。
8月1日 酒井忠亮 59歳 貴族院議員、子爵。
谷洗馬 44歳 挿絵画家。
8月4日 越前翠村 44歳 歌人。
8月7日 太田信三 49歳 中国革命運動の協力者。
8月12日 庄野金十郎 72歳 衆議院議員、福岡日日新聞社長。
8月15日 市瀬恭次郎 62歳 土木工学者。
8月16日 佐伯祐三 31歳 洋画家。結核のため死去。
8月20日 太田秀次郎 62歳 警察官僚。
8月21日 2代茂山忠三郎 81歳 能楽師。
8月22日 土屋岩保 55歳 衆議院議員、内科医。
8月25日 赤羽雪邦 64歳 画家。
桜井恒次郎 57歳 解剖学者。
8月26日 佐藤伝蔵 59歳 地球科学者。
8月29日 井上完 47歳 画家。
8月30日 武内才吉 74歳 天津商工銀行頭取、武斎汽船社長。
8月31日 山崎四男六 61歳 大蔵官僚、宮内官僚。
9月3日 渡邊正清 63歳 衆議院議員、検事、弁護士。
9月6日 山本梅崖 77歳 漢学者、自由民権運動家。
9月14日 2代楳茂都扇性 65歳 日本舞踊家。
9月17日 若山牧水 44歳 歌人。急性胃腸炎と肝硬変のため死去。
9月18日 7代桂文治 81歳 落語家。
石井露月 55歳 俳人。脳溢血のため死去。
9月19日 竹原荘治郎 50歳 実業家。
玉椿憲太郎 46歳 大相撲力士(関脇)。心臓病のため死去。
9月22日 村松亀一郎 76歳 衆議院議員、弁護士。
池上慧澄 73歳 臨済宗の僧。
9月26日 泉智等 80歳 真言宗の僧。
9月27日 大島久直 81歳 陸軍大将、教育総監。
市村光恵 54歳 憲法学者、京都市長。
9月30日 三浦操一郎 60歳 小児科学者。
10月1日 遠山椿吉 72歳 衛生学者。
広井勇 67歳 土木工学者。狭心症のため死去。
10月4日 鮫島慶彦 64歳 衆議院議員、南薩鉄道社長。
10月5日 神野勝之助 61歳 大蔵次官、貴族院議員。
坂出鳴海 53歳 土木技術者。
10月6日 本庄波衛 69歳 実業家。
渡辺政之輔 30歳 労農運動家、政治活動家。官憲に追われて包囲され、拳銃自殺。
10月7日 坪井九八郎 53歳 台湾製糖取締役、貴族院議員。肺結核のため死去。
10月10日 中村雄次郎 77歳 陸軍中将、貴族院議員、南満州鉄道総裁、宮内大臣、枢密顧問官。
10月14日 近藤雪竹 66歳 書道家。
10月15日 広津柳浪 68歳 小説家。心臓麻痺のため死去。
10月17日 愛甲兼達 67歳 十五銀行頭取。
宮崎敬介 62歳 堂島米穀取引所理事長、大阪土地建物社長、大阪電灯社長。
10月19日 長山直厚 42歳 社会運動家。
10月20日 中村雄次郎 77歳 陸軍中将、貴族院議員、宮内大臣、枢密顧問官。
10月22日 井上勤 79歳 翻訳家。脳出血のため死去。
園田太邑 75歳 熊本県会議員。
10月24日 梨羽時起 79歳 海軍中将、貴族院議員。
10月30日 初代京山小円 52歳 浪曲師。
安井荘次郎 36歳 飛行家。飛行機の墜落で事故死。
11月1日 箸蔵善龍 77歳 真言宗の僧。
広井勇 67歳 港湾工学者。
11月2日 水島銕也 63歳 神戸商業高等学校創立者。
11月3日 瓜生繁子 67歳 教育者、瓜生外吉の妻。
11月4日 南部球吾 74歳 鉱山技術者。
11月11日 岡本霊華 46歳 小説家。
荒井邦之介 30歳 社会運動家。
11月12日 深田康算 51歳 美学者。腹膜炎のため死去。
11月13日 玉木愛石 76歳 書道家。
11月16日 藤江章夫 75歳 大阪アルカリ社長。
岸本能武太 64歳 宗教学者。
11月17日 斎藤紀一 68歳 精神科医、衆議院議員。心臓麻痺のため死去。
11月20日 宇野朗 79歳 医学者。
11月21日 桂潜太郎 75歳 宮中顧問官。
11月22日 吉村長策 69歳 土木技術者。
11月26日 山岡順太郎 63歳 大阪商船社長。
11月27日 弘田長 70歳 医師。
楠本武俊 68歳 大分セメント社長。
西郷菊次郎 58歳 外交官、京都市長。
12月4日 磯部保次 61歳 衆議院議員、実業家。
12月5日 広瀬満正 70歳 貴族院議員、実業家。
12月6日 堀栄一 63歳 大審院判事。
12月8日 金沢仁作 68歳 帝国製紙社長、衆議院議員。
12月9日 松浦寛威 63歳 陸軍中将。
12月10日 山中共古 79歳 牧師、民俗学者。
12月13日 廣澤金次郎 58歳 スペイン公使、貴族院議員。
12月15日 2代中川亀三郎 60歳 囲碁棋士。
12月18日 高橋嘉太郎 77歳 衆議院議員、岩手毎日新聞創刊者。
12月19日 櫻井ちか 74歳 教育者。
山本森之助 52歳 画家。
12月20日 瑜伽教如 82歳 真言宗の僧。
12月23日 小倉鋲一郎 76歳 海軍中将。
高畠素之 43歳 社会思想家、哲学者。
12月25日 鈴木恵照 60歳 真言宗の僧。
小山内薫 48歳 劇作家、演出家。脳梗塞のため死去。
12月26日 辻高衡 60歳 ドイツ語学者。
5代富士田音蔵 55歳 長唄唄方。
島田五空 54歳 俳人。
12月27日 4代宝井馬琴 77歳 講談師。
12月28日 大塚惟明 65歳 南海鉄道社長、大阪市会議員。
12月30日 酒井隆吉 46歳 薬学者。
12月31日 山田作松 34歳 社会運動家。
昭和4年(1929年)
1月2日 土井利与 79歳 下総古河藩主。
1月5日 伊藤一隆 71歳 北海道庁水産課長。
1月14日 戸板関子 61歳 教育者、戸板学園創立者。
1月16日 珍田捨巳 74歳 外交官、侍従長、枢密顧問官、外務次官。脳出血のため死去。
1月19日 慶世村恒仁 39歳 郷土史家。
1月25日 服部一三 79歳 文部官僚、岩手県知事、広島県知事、長崎県知事、兵庫県知事、貴族院議員。
1月26日 違星北斗 29歳 歌人、社会運動家。結核のため死去。
1月27日 久邇宮邦彦王 57歳 皇族、元帥陸軍大将。急性内臓疾患のため死去。
2月2日 篠尾明済 60歳 陸軍軍医監。
2月10日 長井長義 85歳 薬学者。感冒による急性肺炎のため死去。
2月15日 立花小一郎 69歳 陸軍大将、福岡市長、貴族院議員。
2月16日 志賀直温 77歳 実業家。志賀直哉の父。
2月23日 川面凡児 68歳 宗教家、神道家。肺炎のため死去。
2月27日 櫻井鴎村 58歳 翻訳家、児童文学者、教育者。
3月4日 愛沢寧堅 81歳 衆議院議員。
澤田正二郎 38歳 俳優。急性化膿性脳膜炎のため死去。
3月5日 松本剛吉 68歳 衆議院議員、貴族院議員。
山本宣治 41歳 衆議院議員、生物学者。黒田保久二に刺殺された。
3月8日 渡瀬庄三郎 68歳 動物学者。
児島虎次郎 49歳 画家。
3月19日 千賀鶴太郎 73歳 法学者。
3月22日 井上良馨 85歳 元帥海軍大将。肝臓癌のため死去。
3月23日 杉田定一 79歳 北海道庁長官、衆議院議長、貴族院議員。
3月25日 吉川霊華 55歳 画家。腸チフスのため死去。
4月1日 小酒井不木 40歳 医学者、随筆家、翻訳家、推理作家。急性肺炎のため死去。
4月7日 上杉慎吉 52歳 憲法学者。
4月9日 内藤高治 68歳 剣道家。脳出血のため死去。
4月13日 後藤新平 73歳 逓信大臣・内務大臣・外務大臣、満鉄総裁、東京市長。
4月19日 村岡範為馳 77歳 物理学者。老衰のため死去。
4月27日 北条時敬 72歳 教育者、数学者。肝臓癌のため死去。
4月30日 水野直 51歳 貴族院議員、陸軍政務次官。
5月13日 池田徳潤 83歳 播磨福本藩主。
5月19日 川原茂輔 71歳 衆議院議長。
5月24日 高田雅夫 35歳 舞踏家。
6月6日 樋口龍峡 55歳 評論家、社会学者、衆議院議員。心臓麻痺のため死去。
6月29日 内田魯庵 62歳 評論家、翻訳家、小説家。脳溢血のため死去。
7月4日 添田壽一 66歳 大蔵官僚、銀行家、経済学者、貴族院議員。胃癌と癌性腹膜炎のため死去。
7月7日 中村弥六 76歳 林学者、衆議院議員。
7月11日 須貝快天 69歳 農民運動家。
7月15日 藤田豊八 61歳 歴史学者。
7月25日 牧野省三 52歳 映画監督、映画プロデューサー。心臓麻痺のため死去。
7月26日 山崎直方 60歳 地理学者。
7月28日 2代伊東栄 57歳 伊東胡蝶園社主、玄文社社主。
8月16日 津田梅子 66歳 津田塾大学創設者。脳出血のため死去。
8月30日 箕浦勝人 76歳 新聞記者、衆議院議員、逓信大臣。
9月7日 小川一真 70歳 写真家。
9月16日 波多野承五郎 72歳 実業家、衆議院議員。
9月25日 平山成信 76歳 内閣書記官長、貴族院議員、枢密顧問官、日本赤十字社社長。胃癌のため死去。
9月26日 和田英 73歳 製糸技術者。
9月29日 田中義一 66歳 第26代内閣総理大臣、陸軍大臣・外務大臣・内務大臣・拓務大臣。狭心症のため死去。
9月30日 2代桃川如燕 63歳 講談師。
10月1日 14代長谷川勘兵衛 83歳 歌舞伎大道具方。
10月7日 一色須賀 92歳 徳川慶喜の側室。
10月19日 高橋健自 59歳 考古学者。脳膜炎のため死去。
10月31日 村上専精 79歳 教育者、仏教史学者。
11月3日 井上勝之助 69歳 外交官、貴族院議員、枢密顧問官。舌癌のため死去。
11月5日 一力健治郎 67歳 河北新報創業者。
11月9日 斎藤秀三郎 64歳 英語学者、教育者。
11月11日 三宅米吉 70歳 歴史学者、国語学者、宮中顧問官。狭心症のため死去。
11月22日 岸上鎌吉 63歳 動物学者、水産学者。急性脳貧血のため死去。
11月29日 佐分利貞男 51歳 外交官。箱根・富士屋ホテルにてピストル自殺したとされるが、他殺説もある。
12月16日 松平頼平 72歳 宮内省御用掛。
12月20日 岸田劉生 39歳 画家。胃潰瘍と尿毒症のため死去。
昭和5年(1930年)
1月3日 中村精男 76歳 気象学者。脳溢血のため死去。
相生由太郎 64歳 実業家。
1月6日 宇田川文海 83歳 小説家、新聞記者。
諸井華畦 55歳 書道家。
1月16日 小林丑三郎 65歳 経済学者、衆議院議員。
1月25日 早川純三郎 59歳 出版事業家。肝臓癌のため死去。
1月26日 田辺安太郎 87歳 活字母型製造家。
1月27日 出羽重遠 76歳 海軍大将。
1月30日 児玉一造 50歳 東洋綿花創業者、三井物産取締役。胃潰瘍のため死去。
2月5日 青山幸宜 77歳 美濃郡上藩主、貴族院議員。
2月6日 加納暁 38歳 歌人。
2月10日 渡辺温 29歳 推理作家。乗っていた自動車が鉄道と衝突し、脳挫傷のため死去。
2月13日 児玉愛二郎 91歳 長州藩士、宮内官僚。
2月20日 江木欣々 54歳 江木衷の妻。異父弟・早川徳次の家で首吊り自殺。
2月24日 芝不器男 28歳 俳人。睾丸炎のため死去。
2月25日 石井林響 47歳 画家。
2月26日 福井茂兵衛 71歳 落語家、俳優。
3月2日 山極勝三郎 68歳 病理学者。肺炎のため死去。
3月10日 金子みすゞ 28歳 童謡詩人。カルモチンにより服毒自殺。
3月12日 梅野信吉 69歳 獣医学者。
3月20日 小宮山天香 76歳 新聞記者、翻訳家、小説家。
3月28日 内村鑑三 70歳 聖書学者、思想家。
4月14日 河村譲三郎 72歳 大審院検事、司法次官、貴族院議員。心臓内膜炎と肺炎のため死去。
4月16日 前田寛治 35歳 画家。鼻孔内腫瘍のため死去。
4月19日 伊藤長七 54歳 教育者。
4月26日 武信由太郎 68歳 英語学者。
4月29日 前田慧雲 76歳 浄土真宗の僧、東洋大学学長、龍谷大学学長。
島田清次郎 32歳 小説家。肺結核のため死去。
5月4日 粕谷義三 65歳 衆議院議員。
5月5日 原田二郎 82歳 実業家。
5月8日 福田徳三 57歳 経済学者。虫垂炎と肺壊症のため死去。
5月10日 下村観山 58歳 画家。
5月13日 田山花袋 60歳 小説家。脳溢血と喉頭癌のため死去。
5月16日 木村泰賢 50歳 曹洞宗の僧、インド哲学者、仏教学者。心臓病のため死去。
5月19日 生田春月 39歳 詩人。播磨灘で船から投身自殺。
5月20日 草刈英治 40歳 海軍少佐。ロンドン海軍軍縮条約に反対し、東海道線車内で自決。
5月23日 沢村専太郎 47歳 美術史学者。
5月30日 加藤時次郎 73歳 医師、社会運動家。
5月31日 畑英太郎 59歳 陸軍大将。
6月7日 豊竹呂昇 57歳 女義太夫師。
6月12日 徳川厚 57歳 貴族院議員。
6月30日 八代六郎 71歳 海軍大将、海軍大臣、枢密顧問官。
7月7日 尼子四郎 66歳 医学者、編集者。
7月11日 小川正孝 66歳 化学者。
7月12日 井口華秋 51歳 画家。
7月14日 藤井武 43歳 伝道者。胃潰瘍のため死去。
7月19日 奥保鞏 85歳 元帥陸軍大将。脳出血のため死去。
8月19日 村岡長太郎 60歳 陸軍中将。
8月23日 志村源太郎 64歳 農商務官僚、日本勧業銀行総裁、貴族院議員。
9月2日 津野田是重 58歳 陸軍少将、衆議院議員。
9月3日 河野常吉 69歳 北海道史研究者。
9月23日 高田蝶衣 45歳 俳人。
9月26日 2代豊竹呂大夫 74歳 義太夫節太夫。
10月4日 7代富士松加賀太夫 75歳 浄瑠璃太夫。
10月8日 黒木勘蔵 49歳 国文学者。
10月15日 栗田勤 74歳 漢学者。
10月16日 岩崎俊弥 50歳 旭硝子創業者。
10月28日 大田原一清 70歳 下野大田原藩主、貴族院議員。
10月30日 豊田佐吉 64歳 豊田自動織機創業者、発明家。
11月4日 秋山好古 72歳 陸軍大将、教育総監。糖尿病による心筋梗塞のため死去。
11月4日 坂部十寸穂 54歳 陸軍中将。
11月6日 斎藤文蔵 45歳 教育者、歴史学者。
11月7日 大木戸森右エ門 55歳 第23代横綱。
11月9日 浅野総一郎 83歳 浅野財閥創始者。食道癌と急性肺炎のため死去。
11月15日 竹田黙雷 77歳 臨済宗の僧。
11月16日 田健治郎 76歳 逓信大臣・台湾総督・司法大臣・農商務大臣、貴族院議員。脳出血と肺炎のため死去。
11月17日 松平康荘 64歳 越前松平家当主。
11月29日 3代柳家小さん 74歳 落語家。
田部シメ子 19歳 太宰治の恋人。太宰とカルモチン心中を図り死去。
12月1日 長原孝太郎 67歳 画家。
12月2日 安達憲忠 74歳 社会事業家。脳溢血のため死去。
12月6日 石川京子 25歳 石川啄木の娘。急性肺炎のため死去。
12月19日 石川房江 19歳 石川啄木の娘。肺結核のため死去。
12月20日 橋田東聲 45歳 歌人、経済学者。
12月29日 小村欣一 48歳 外交官、貴族院議員。
昭和6年(1931年)
1月1日 賀古鶴所 77歳 陸軍軍医監。
1月3日 成石勘三郎 52歳 雑貨商、大逆事件被告。
1月12日 大槻如電 87歳 仙台藩士、漢学者。腎炎のため死去。
1月14日 平賀敏 73歳 実業家。
1月15日 藤井健治郎 60歳 倫理学者。
1月21日 志方鍛 75歳 大審院判事、広島控訴院長。
1月27日 2代西ノ海嘉治郎 52歳 第25代横綱。自殺を図り死去。
1月28日 今泉雄作 82歳 美術史家。脳溢血のため死去。
2月12日 飯沼貞吉 78歳 白虎隊隊士、陸軍大尉。
2月13日 小出楢重 45歳 画家。心臓病のため死去。
2月16日 松室致 80歳 検事総長、司法大臣、貴族院議員、法政大学学長。脳溢血のため死去。
2月17日 岡本則録 85歳 数学者。
2月18日 山下源太郎 69歳 海軍大将。
2月20日 鮫島武之助 84歳 貴族院議員、内閣書記官長。
2月22日 日比翁助 72歳 三越百貨店会長。
2月23日 中島正武 62歳 陸軍中将。
2月24日 久米邦武 93歳 佐賀藩士、歴史学者。老衰のため死去。
3月1日 佐野文夫 40歳 日本共産党幹部。虫垂炎のため死去。
3月2日 大塚保治 64歳 美学者。
3月4日 国木田収二 54歳 新聞記者。
3月6日 相良広一 59歳 陸軍少将。
3月9日 山田孝野次郎 26歳 社会運動家。脳腫瘍のため死去。
3月12日 鈴木鼓村 57歳 筝曲家、画家。
3月20日 本郷房太郎 72歳 陸軍大将。
3月26日 井口阿くり 62歳 教育学者、体操家。脳溢血のため死去。
高尾亨 56歳 外交官。
3月29日 鈴木三郎助 65歳 味の素創設者。食道癌のため死去。
3月31日 初代田村駒治郎 66歳 実業家、貴族院議員。
4月2日 浅川巧 41歳 工芸評論家、陶芸評論家。肺炎のため死去。
4月10日 桝本卯平 59歳 造船技術者。胃癌のため死去。
4月21日 玉利喜造 76歳 農学者、貴族院議員。
4月23日 磯辺弥一郎 71歳 英語教育者。
4月24日 土方雄志 76歳 伊勢菰野藩主、貴族院議員。
5月7日 八木為三郎 82歳 壬生村郷士・八木源之丞の次男。
5月12日 横山勝太郎 55歳 弁護士、衆議院議員、商工政務次官。
5月17日 金子直 54歳 陸軍中将。
5月24日 桑原隲蔵 62歳 歴史学者。
6月9日 伊藤博邦 62歳 式部長官、貴族院議員。伊藤博文の養子。肺炎のため死去。
6月13日 北里柴三郎 80歳 医学者、細菌学者。脳溢血のため死去。
6月15日 平林初之輔 40歳 小説家、文芸評論家。出血性膵臓炎のため死去。
6月17日 北村季晴 60歳 作曲家。
6月18日 矢野龍渓 82歳 ジャーナリスト、外交官、作家。
6月23日 湯浅一郎 64歳 画家。
福田五郎 55歳 検事、衆議院議員。
6月26日 山川健次郎 78歳 教育者、東京帝国大学総長、九州帝国大学総長、京都帝国大学総長、貴族院議員。胃潰瘍の
ため死去。
6月27日 中村震太郎 35歳 陸軍歩兵大尉。中国・大興安嶺で中国軍に拘束され、殺害された。
7月18日 木村鷹太郎 62歳 歴史学者、哲学者、言語学者、思想家、翻訳家。
8月2日 人見絹枝 25歳 陸上競技選手、ジャーナリスト。アムステルダム五輪銀メダリスト。乾酪性肺炎のため死去。
8月9日 夏目和三郎 73歳 夏目漱石の兄。
8月18日 九鬼隆一 82歳 宮中顧問官、貴族院議員、枢密顧問官、議定官。
辻聴花 64歳 中国文学者、劇評家。
8月23日 湯川寛吉 64歳 住友総理事。インフルエンザによる肺炎のため死去。
8月25日 阪正臣 77歳 歌人、書家、古筆研究者。
8月26日 浜口雄幸 62歳 第27代内閣総理大臣、大蔵大臣・内務大臣。1930年11月14日に東京駅で銃撃され、その傷
が元でアクチノミコーゼ(放線菌症)のため死去。
9月2日 一戸兵衛 77歳 陸軍大将、教育総監、学習院院長。
9月6日 三浦周行 61歳 歴史学者、法制史家。胃病のため死去。
9月12日 堤清六 52歳 ニチロ創業者、衆議院議員。
9月15日 降旗元太郎 68歳 衆議院議員、陸軍政務次官、鉄道政務次官、海軍政務次官。
9月16日 鳳秀太郎 60歳 工学者。
9月17日 向野堅一 64歳 実業家。脳血栓のため死去。
9月30日 小宮山明敏 30歳 プロレタリア文学評論家。
10月1日 小堀鞆音 68歳 画家。腫瘍のため死去。
10月4日 湯原元一 69歳 東京音楽学校校長、東京女子高等師範学校校長、東京高等学校校長。
財津愛象 47歳 中国文学者。
10月26日 山本滝之助 59歳 社会教育家、思想家。
10月30日 仙石貢 75歳 鉄道員総裁、鉄道大臣、南満州鉄道総裁、衆議院議員。
11月3日 片山国嘉 77歳 法医学者。食道癌のため死去。
11月6日 土肥慶蔵 66歳 医学者。肝臓癌のため死去。
11月8日 武内作平 65歳 衆議院議員、大蔵政務次官、内閣法制局長官。
11月11日 渋沢栄一 92歳 実業家。
11月17日 武富邦鼎 80歳 海軍中将。
11月27日 中田章 46歳 作曲家、オルガニスト。
12月3日 花井卓蔵 64歳 弁護士、衆議院議員・貴族院議員。ガス火鉢の配管が外れたことによりガス中毒死。
12月22日 児島献吉郎 66歳 中国文学者。
12月31日 石川舜台 90歳 浄土真宗の僧。
昭和7年(1932年)
1月7日 中野信近 67歳 俳優。没日は1月10日とも。
1月17日 福原鐐二郎 65歳 貴族院議員、宮中顧問官、東北帝国大学総長、学習院院長、帝国美術院院長。
1月18日 三宅やす子 43歳 小説家、評論家。
1月27日 稲垣太祥 74歳 近江山上藩主、貴族院議員。
1月29日 大津淳一郎 77歳 衆議院議員、貴族院議員。
1月30日 3代神田伯山 61歳 講釈師。胃潰瘍のため死去。
2月5日 藤井斉 29歳 海軍少佐。第一次上海事変で戦死。
2月9日 井上準之助 64歳 日本銀行総裁、大蔵大臣、貴族院議員。小沼正に暗殺された。
2月18日 小泉節子 65歳 小泉八雲の妻。
2月22日 江下武二 23歳 一等兵、爆弾三勇士の一人。第一次上海事変で爆弾を持って行動中に戦死。
北川丞 23歳 一等兵、爆弾三勇士の一人。第一次上海事変で爆弾を持って行動中に戦死。
作江伊之助 23歳 一等兵、爆弾三勇士の一人。第一次上海事変で爆弾を持って行動中に戦死。
3月4日 万里小路通房 85歳 参与、宮内省官吏、貴族院議員。
3月5日 團琢磨 75歳 工学者、三井合名会社理事長。菱沼五郎に暗殺された。
3月21日 中馬庚 63歳 教育者。
3月24日 梶井基次郎 31歳 小説家。肺結核のため死去。
3月26日 木越安綱 79歳 陸軍中将、陸軍大臣、貴族院議員。
呉秀三 68歳 医学者、精神科医。尿毒症のため死去。
4月4日 岡田信一郎 50歳 建築家。
4月6日 初代江戸家猫八 65歳 寄席芸人。
4月9日 高橋光威 66歳 内閣書記官長、衆議院議員。
4月11日 井関十二郎 61歳 経営学者。
4月30日 河端貞次 59歳 医師。上海天長節爆弾事件のため死亡。
清水金太郎 44歳 声楽家、バリトン歌手。
5月8日 調所五郎 24歳 慶應大学学生。坂田山で湯山八重子と心中。
湯山八重子 22歳 頌栄女学校生徒。坂田山で調所五郎と心中。
5月9日 田中王堂 66歳 哲学者、評論家。全身衰弱のため死去。
坂井大輔 46歳 衆議院議員、逓信参与官。
5月15日 犬養毅 78歳 第29代内閣総理大臣、文部大臣・逓信大臣・外務大臣・内務大臣。五・一五事件で暗殺された。
5月20日 今西龍 58歳 歴史学者。
5月22日 大関和 75歳 看護教育者。
5月24日 末延道成 78歳 実業家、貴族院議員。
5月25日 村岡素一郎 83歳 民間史論家。
5月26日 関根正直 73歳 国文学者。心臓病のため死去。
武田千代三郎 66歳 内務官僚、秋田県知事・山口県知事・山梨県知事・青森県知事。
白川義則 65歳 陸軍大将。4月29日に上海天長節爆弾事件で重傷を負い、その傷が元で死去。
5月30日 白井光太郎 70歳 植物病理学者、本草学者、菌類学者。
19代木村庄之助 64歳 大相撲立行司。
6月1日 福田雅太郎 67歳 陸軍大将、枢密顧問官。
6月7日 湯浅治郎 83歳 衆議院議員、実業家、社会運動家。肺炎のため死去。
6月16日 13代守田勘彌 48歳 歌舞伎役者。
6月24日 井上範 56歳 土木工学者。東京帝国大学病院から投身自殺。
7月10日 能見愛太郎 63歳 実業家。
7月11日 勝精 45歳 実業家。妾とカルモチンで心中したとされる。
7月12日 栃内曽次郎 67歳 海軍大将、貴族院議員。
3代中村鶴蔵 49歳 歌舞伎役者。
7月18日 渡部鼎 75歳 医師、衆議院議員。
山口弘達 73歳 常陸牛久藩主、学習院教授。
7月22日 近衛直麿 33歳 詩人、ホルン奏者、雅楽研究者。
7月24日 日高壮之丞 85歳 海軍大将。
7月29日 鹿島房次郎 65歳 実業家、神戸市長。
8月15日 伊井蓉峰 62歳 俳優。
8月20日 滝本誠一 76歳 経済思想史家、農政家。
8月23日 江木千之 80歳 茨城県知事・栃木県知事・愛知県知事・広島県知事・熊本県知事・文部大臣・枢密顧問官・
貴族院議員。老衰のため死去。
8月27日 5代澤村四郎五郎 56歳 歌舞伎役者、俳優。
8月28日 柵瀬軍之佐 64歳 衆議院議員、商工政務次官。
8月29日 安東貞美 80歳 陸軍大将、台湾総督。
9月18日 江木翼 60歳 内閣書記官長・司法大臣・鉄道大臣。肝臓癌のため死去。
9月22日 田丸卓郎 61歳 物理学者。
10月5日 小松謙次郎 70歳 貴族院議員、鉄道大臣。
10月6日 渋沢篤二 61歳 渋沢栄一の子。
11月3日 岩田義道 35歳 労働運動家、政治活動家。特別高等警察に逮捕され、拷問のため死去。
11月9日 栗田富太郎 61歳 海軍少将。
11月19日 手塚太郎 71歳 裁判官、検察官。手塚治虫の祖父。
11月26日 川尻東次 25歳 童画家。
11月29日 武田九平 58歳 社会運動家、彫金業、大逆事件被告。交通事故のため死去。
12月10日 白井新太郎 71歳 実業家、衆議院議員。
桑田熊蔵 65歳 法学者、貴族院議員。
12月11日 森恪 51歳 実業家、外務政務次官、内閣書記官長。肺炎のため死去。
青山熊治 47歳 画家。
12月21日 山之内一次 67歳 青森県知事・北海道庁長官・内閣書記官長・鉄道大臣、貴族院議員。
12月22日 今村恵猛 67歳 浄土真宗の僧。
12月28日 英子セオドラ尾崎 62歳 翻訳家。尾崎三良の娘、尾崎行雄の後妻。
12月30日 本山彦一 80歳 大阪毎日新聞社長、貴族院議員。
昭和8年(1933年)
1月3日 内田嘉吉 68歳 逓信次官、台湾総督、貴族院議員。
1月5日 根本正 83歳 水戸藩士、衆議院議員。
小笠原菊次郎 59歳 実業家。
1月6日 小島勗 34歳 小説家、劇作家。
1月7日 三宅謙四郎 90歳 土佐藩士、新聞記者、漢詩人。
1月14日 高木貞作
(高木剛次郎)
86歳 桑名藩士、新選組隊士、銀行家。
1月19日 九条道実 65歳 宮内省掌典長、貴族院議員。
1月23日 堺利彦 64歳 社会主義者、思想家、小説家。脳溢血のため死去。
1月26日 渡辺海旭 62歳 浄土宗の僧。
1月29日 伊上凡骨 59歳 木版彫師。
2月3日 大谷嘉兵衛 90歳 実業家、貴族院議員。
2月4日 秦豊助 62歳 秋田県知事、徳島県知事、衆議院議員、拓務大臣。
2月12日 松本貴代子 21歳 実践女学校学生。三原山で投身自殺。
2月14日 田辺潔 31歳 労働運動家、通称「煙突男」。山下公園の堀で死体となって発見された。
2月20日 小林多喜二 31歳 プロレタリア作家。特高警察により拷問を受け死去。
2月23日 近藤勇五郎 83歳 剣術家。
3月12日 都築甚之助 65歳 細菌学者。
3月13日 佐左木俊郎 34歳 小説家。
3月18日 吉野作造 56歳 政治学者、思想家。肋膜炎のため死去。
3月28日 池貝喜四郎 57歳 技術者、池貝鉄工所副社長。腸チフスのため死去。
4月8日 森田恒友 53歳 画家。
4月13日 島崎赤太郎 60歳 音楽教育者、オルガン奏者。
4月20日 馬越恭平 90歳 大日本麦酒社長、衆議院議員、貴族院議員。
4月21日 長岡外史 76歳 陸軍中将、衆議院議員。膀胱腫瘍のため死去。
5月22日 小林郁 53歳 社会学者。
5月29日 田辺機一 78歳 俳人。
星野金吾 71歳 陸軍中将。
6月6日 金谷範三 61歳 陸軍大将、参謀総長。
6月10日 斎藤恂 64歳 銀行家。
6月12日 槙山栄次 67歳 教育者・文部官僚。
中井哲 48歳 舞台俳優。
7月10日 初代上原真佐喜 65歳 筝曲家。
須田貞明 28歳 活動弁士。カフェの女給と、カルモチン・ネコイラズを用いて心中。
7月12日 山元春挙 63歳 画家。
7月14日 松居松翁 64歳 劇作家、演出家。リンパ腺炎と尿毒症のため死去。
7月26日 平岩愃保 78歳 牧師。
仲浜藤治 34歳 労働運動家。
7月27日 武藤信義 66歳 元帥陸軍大将。黄疸のため死去。
7月28日 3代西ノ海嘉治郎 44歳 第30代横綱。
7月31日 清水紫琴 67歳 小説家。
8月7日 江原万里 44歳 キリスト教伝道者。
8月11日 5代中村福助 34歳 歌舞伎役者。腹膜炎と胸病のため死去。
8月13日 金井延 69歳 経済学者、社会政策学者。
8月28日 小茂田青樹 43歳 画家。咽頭結核のため死去。
9月5日 巌谷小波 64歳 小説家、児童文学者。
9月10日 古賀春江 39歳 洋画家。梅毒治療のためのマラリア療法による高熱のため死去。
9月21日 宮沢賢治 38歳 詩人、童話作家。急性肺炎のため死去。
9月22日 早川龍介 81歳 衆議院議員。
9月29日 佐々木喜善 48歳 民俗学者。
10月2日 江川英武 81歳 韮山代官、韮山県知事、伊豆学校校長。
10月15日 新渡戸稲造 72歳 農学者、教育者、倫理哲学者。
10月16日 西田健太郎 40歳 労働運動家。
10月26日 田口運蔵 42歳 社会主義運動家。
10月29日 岸清一 67歳 弁護士、貴族院議員、日本体育協会会長。
10月30日 平福百穂 57歳 画家。
11月3日 富美宮允子内親王 43歳 明治天皇の皇女、朝香宮鳩彦王の妃。腎臓病のため死去。
11月5日 片山潜 75歳 労働主義者、社会主義者。モスクワにて敗血症のため死去。
11月8日 上原勇作 78歳 元帥陸軍大将、陸軍大臣、教育総監。
11月11日 境野哲 63歳 仏教史学者、宗教家。
11月14日 原六郎 92歳 志士、銀行家、実業家。
11月24日 村山龍平 84歳 朝日新聞創業者、衆議院議員・貴族院議員。
11月27日 藤村義朗 64歳 三井物産取締役、貴族院議員、逓信大臣。
11月30日 嘉村礒多 37歳 小説家。結核性腹膜炎のため死去。
12月2日 7代小川治兵衛 74歳 作庭家、庭師。
12月8日 山本権兵衛 82歳 第16・22代内閣総理大臣、海軍大将、海軍大臣・外務大臣。前立腺肥大症のため死去。
麻生太吉 77歳 炭鉱業者、衆議院議員、貴族院議員。
12月18日 片山孤村 55歳 ドイツ文学者、評論家。
12月19日 西脇晋 52歳 弁護士、衆議院議員、外務参与官。
12月21日 池谷信三郎 34歳 小説家、劇作家。結核のため死去。
岩倉靖子 21歳 岩倉具張の娘。赤化華族事件で逮捕され、保釈後に剃刀で頸動脈を切り自殺。
12月23日 藤沢利喜太郎 73歳 数学者、貴族院議員。
12月31日 松下春雄 30歳 画家。白血病のため死去。
昭和9年(1934年)
1月1日 佐々木安五郎 63歳 大陸浪人、衆議院議員。
1月2日 石田一郎 73歳 海軍少将。
1月7日 田村直臣 77歳 牧師。
1月12日 佐藤愛麿 78歳 牧師、外交官、宮中顧問官。
1月13日 早田文蔵 61歳 植物学者。
1月16日 岡田時彦 30歳 俳優。結核のため死去。
1月22日 日下部弁二郎 74歳 土木技師、実業家。
1月28日 古市公威 81歳 工学者。
松岡鼎 75歳 医師。
1月30日 八太舟三 49歳 思想家、無政府主義者。
2月4日 本田恒之 73歳 弁護士、衆議院議員、司法政務次官。
有馬四郎助 71歳 刑務官、社会事業家。
2月5日 留岡幸助 71歳 社会福祉活動家。
2月6日 鎌田栄吉 78歳 衆議院議員、貴族院議員、文部大臣、枢密顧問官、慶応義塾塾長。
佐々木味津三 39歳 小説家。
2月7日 権田雷斧 89歳 真言宗の僧、仏教学者。
2月11日 大山覚威 53歳 ジャーナリスト。
2月14日 横瀬夜雨 57歳 詩人、歌人。急性肺炎のため死去。
2月15日 多門二郎 57歳 陸軍中将。
2月19日 伊東巳代治 78歳 内閣書記官長・農商務大臣・枢密顧問官。
野呂栄太郎 35歳 経済学者、日本共産党指導者。警察の拷問で肺結核が悪化して死去。
2月24日 直木三十五 44歳 小説家、脚本家、映画監督。
2月26日 東園基光 60歳 富山県知事、貴族院議員、子爵。
2月27日 宮島新三郎 43歳 文芸評論家、英文学者。
3月1日 服部金太郎 75歳 服部時計店創業者、貴族院議員。
3月6日 原脩次郎 64歳 衆議院議員、拓務大臣、鉄道大臣。
3月9日 大工原銀太郎 67歳 科学者、九州大学総長、同志社大学総長。盲腸炎のため死去。
3月10日 武藤山治 68歳 衆議院議員、実業家。福島新吉に銃殺された。
3月14日 黒木親慶 52歳 陸軍少佐。
3月20日 大熊氏広 79歳 彫刻家。
3月23日 岡田良平 71歳 貴族院議員、京都帝国大学総長、文部大臣、東洋大学学長、枢密顧問官。
3月25日 中橋徳五郎 74歳 衆議院議員、文部大臣・商工大臣・内務大臣。
3月31日 落合豊三郎 74歳 陸軍中将。
4月3日 高倉徳太郎 50歳 神学者、牧師。鬱病による影響で自殺。
4月5日 佐藤次郎 27歳 テニス選手。ヨーロッパからの帰途、マラッカ海峡にて投身自殺。
4月12日 田島応親 84歳 幕臣、陸軍砲兵大佐。
4月13日 磯村音介 68歳 実業家。
4月18日 大手拓次 48歳 詩人。結核のため死去。
4月19日 8代富士松加賀太夫 76歳 浄瑠璃太夫。
4月21日 関直彦 78歳 ジャーナリスト、衆議院議員、貴族院議員、弁護士。
4月25日 土田杏村 44歳 哲学者、評論家。
4月27日 片多徳郎 46歳 画家。名古屋・本願寺別院の境内で首吊り自殺。
5月5日 中村憲吉 46歳 歌人。
5月16日 川村清雄 83歳 画家。脳血栓のため死去。
5月21日 片岡直温 76歳 商工大臣・大蔵大臣、衆議院議員。
5月30日 東郷平八郎 88歳 薩摩藩士、元帥海軍大将。喉頭癌・膀胱欠席・神経痛・気管支炎のため死去。
6月2日 久保天随 60歳 中国文学者。落雷の衝撃で脳溢血を起こし、死去。
6月10日 是枝恭二 31歳 政治運動家。堺刑務所で獄死。
6月18日 古在由直 72歳 農芸化学者。
6月21日 松戸覚之助 60歳 梨農家。
6月26日 内藤湖南 69歳 東洋史学者。
6月28日 田島錦治 68歳 経済学者、立命館大学学長。
7月1日 三岸好太郎 32歳 画家。
7月10日 水町袈裟六 71歳 大蔵次官、日本銀行副総裁、会計検査院長、枢密顧問官、法政大学総長。
7月11日 忽滑谷快天 68歳 仏教学者、曹洞宗の僧。脳溢血のため死去。
7月20日 渡辺祐策 71歳 実業家、衆議院議員。腸閉塞と腹膜炎のため死去。
7月22日 松崎天民 57歳 新聞記者。
7月28日 池貝庄太郎 66歳 実業家、発明家。脳溢血と肺炎のため死去。
7月29日 久米桂一郎 69歳 画家。
9月1日 竹久夢二 51歳 画家、詩人。結核のため死去。
9月2日 田中舎身 73歳 仏教運動家。
9月11日 井上剣花坊 65歳 川柳作家。脳溢血のため死去。
9月12日 大迫尚道 81歳 陸軍大将。
9月15日 田中逸平 53歳 イスラム教徒。
9月16日 橋本文雄 33歳 法学者。
9月24日 木村清四郎 74歳 日本銀行副総裁、貴族院議員。
10月3日 斯波忠三郎 63歳 工学者、貴族院議員。
10月6日 初代桂春団治 57歳 落語家。胃癌のため死去。
10月10日 高村光雲 83歳 仏師、彫刻家。
大澤善助 81歳 大沢商会・京都電気鉄道創設者。
10月16日 11代片岡仁左衛門 78歳 歌舞伎役者。
10月19日 細井肇 49歳 新聞記者、評論家。
10月28日 鵜崎鷺城 62歳 新聞記者、評論家。
10月29日 正木義太 64歳 海軍中将。
11月1日 古城管堂 78歳 医師、実業家。
11月3日 江見水蔭 66歳 小説家、紀行家、冒険家。
11月4日 乾新兵衛 73歳 実業家。
11月5日 尺秀三郎 73歳 教育者。
櫛田民蔵 50歳 経済学者。くも膜下出血のため死去。
11月8日 6代尾上梅幸 65歳 歌舞伎役者。脳卒中のため死去。
11月18日 藤浪鑑 65歳 医師、病理学者。腎不全のため死去。
11月19日 田所輝明 35歳 社会運動家。腸チフスのため死去。
11月21日 和田万吉 70歳 国文学者、図書館学者、書誌学者。
11月23日 梅屋庄吉 67歳 実業家、アジア主義者。
11月27日 沼田頼輔 68歳 紋章学者、歴史学者。
11月30日 安川敬一郎 86歳 福岡藩士、実業家、衆議院議員、貴族院議員。
12月2日 林久男 53歳 ドイツ文学者。
12月8日 神田鐳蔵 63歳 実業家。
12月16日 藤井達也 47歳 衆議院議員、内務参与官。
12月19日 清水市太郎 70歳 衆議院議員、弁護士。
12月20日 埴原正直 59歳 外交官。
12月28日 安達峰一郎 66歳 外交官、国際法学者。心臓病のため死去。
昭和10年(1935年)
1月2日 吉松茂太郎 77歳 海軍大将。
1月5日 今泉鐸次郎 63歳 実業家、郷土史家。
1月7日 5代一龍斎貞山 72歳 講釈師。
1月9日 藤本喜久雄 48歳 海軍造船少将。脳溢血のため死去。
可児義雄 42歳 労働運動家。
1月16日 沢本与一 56歳 衆議院議員、外務参与官。
1月17日 石川千代松 76歳 動物学者。肺壊疽のため死去。
1月20日 戸水寛人 75歳 法学者、衆議院議員。
1月27日 関淑子 28歳 社会運動家。浅草で発生した火災で焼死。
1月31日 藤井真信 51歳 大蔵大臣。肺気腫のため死去。
2月1日 初代中村鴈治郎 76歳 歌舞伎役者。
2月11日 大庭二郎 72歳 陸軍大将、教育総監。
2月22日 岡本桜 58歳 実業家。
2月26日 山下義韶 71歳 柔道家。
松原岩五郎 70歳 小説家、ジャーナリスト。
2月28日 坪内逍遥 77歳 小説家、評論家、翻訳家、劇作家。
藤岡勝二 64歳 言語学者。
3月1日 清河純一 58歳 海軍中将。
3月4日 坂本孝三郎 42歳 労働運動家。腸チフスのため死去。
3月8日 小藤文次郎 80歳 地球科学者。
3月13日 東三条実敏 53歳 男爵。
3月19日 8代嘉納治郎右衛門 83歳 実業家。
3月20日 速水御舟 42歳 画家。腸チフスのため死去。
3月26日 与謝野鉄幹 63歳 歌人。気管支カタルのため死去。
4月15日 山口義一 48歳 衆議院議員、大蔵参与官。
4月16日 佐藤繁彦 49歳 牧師、キリスト教神学者。胃癌のため死去。
4月21日 牧野忠篤 66歳 貴族院議員、長岡市長、実業家。
4月28日 千葉弥一郎 88歳 新徴組隊士。
5月2日 松下大三郎 58歳 文法学者。
2代荒木古童 57歳 尺八奏者。
5月4日 佐伯宗作 39歳 登山ガイド。立山地獄谷で亜硫酸ガスの噴出口に落ちた仲間を救助した際、ガス中毒死。
5月12日 池田桃川 47歳 中国文学者。
6月3日 田原良純 81歳 薬学者。
6月6日 松尾直義 36歳 労働運動家。
6月8日 野崎左文 78歳 新聞記者、狂歌師。
6月15日 藤川勇造 53歳 彫刻家。
6月19日 今野大力 32歳 詩人。結核のため死去。
6月29日 長谷川梅太郎 35歳 小説家。別名:林不忘、牧逸馬、谷譲次。喘息の発作のため死去。
7月1日 大島義脩 65歳 教育者、東京音楽学校校長、女子学習院院長。
7月3日 東屋三郎 44歳 俳優。
7月12日 大石正巳 81歳 農商務大臣、衆議院議員。
7月19日 杉山茂丸 72歳 政治運動家、実業家。脳溢血のため死去。
7月29日 関野貞 69歳 建築史家。
8月11日 駒田好洋 59歳 活弁士、映画プロデューサー。
8月12日 永田鉄山 52歳 陸軍中将。相沢三郎に斬殺された。
8月25日 井伊直安 85歳 越後与板藩主、貴族院議員。
9月1日 2世山本東次郎 72歳 能楽師。
9月7日 高橋五郎 80歳 評論家、英語学者、翻訳家。
9月8日 床次竹二郎 70歳 内務大臣・鉄道大臣・逓信大臣。心臓病のため死去。
9月12日 川上俊彦 75歳 外交官、実業家。
9月14日 富井政章 78歳 法学者、教育者、貴族院議員、枢密顧問官。
10月3日 6代芳村伊十郎 78歳 長唄唄方。
10月4日 林鶴一 63歳 数学者、数学史家。
千葉亀雄 58歳 評論家、ジャーナリスト。
10月17日 中村太八郎 68歳 社会運動家。
10月26日 関一 63歳 社会政策学者、都市計画学者、大阪市長、貴族院議員。チフスのため死去。
10月29日 濱尾四郎 40歳 弁護士、小説家。脳溢血のため死去。
10月30日 大城孝蔵 55歳 開拓者。
11月1日 磯部尚 61歳 衆議院議員、司法参与官。
橋本平八 39歳 彫刻家。
11月2日 高橋貞樹 31歳 水平運動家、共産主義者。肺結核のため死去。
11月19日 山脇房子 69歳 女子教育者。
11月23日 木村久寿弥太 71歳 三菱合資総理事。心臓病のため死去。
11月27日 高木信威 64歳 ジャーナリスト、政治学者。
11月29日 松本長 59歳 能楽師。
11月30日 曾我祐準 93歳 陸軍中将、宮中顧問官、貴族院議員、日本鉄道社長。
12月6日 矢野綾子 26歳 堀辰雄の婚約者。結核のため死去。
12月21日 岩井勝次郎 73歳 岩井商店創業者。
12月29日 春山作樹 60歳 教育学者。
12月31日 寺田寅彦 58歳 物理学者、随筆家、俳人。転移性骨腫瘍のため死去。
昭和11年(1936年)
1月2日 四条隆英 61歳 農商務次官、商工次官、安田生命保険社長、貴族院議員。
1月5日 加藤文太郎 32歳 登山家。登山中の槍ヶ岳北鎌尾根で遭難死。
1月8日 城泉太郎 81歳 越後長岡藩士、教育者、自由民権運動家。
1月11日 生田長江 55歳 評論家、翻訳家、劇作家、小説家。
1月16日 柳沢徳忠 83歳 越後三日市藩主。
1月21日 坪井九馬三 79歳 歴史学者。老衰のため死去。
1月22日 森本六爾 34歳 考古学者。結核のため死去。
1月24日 小池仁郎 71歳 衆議院議員、逓信政務次官。
1月30日 亀井忠一 81歳 三省堂創業者。
中條精一郎 69歳 建築家。
2月1日 松田源治 62歳 衆議院副議長、拓務大臣、文部大臣。
2月2日 宮川経輝 80歳 牧師、女子教育者。
2月7日 佐々木正蔵 82歳 治水家、衆議院議員。
2月15日 河合新蔵 70歳 画家。
2月17日 戸田氏共 83歳 美濃大垣藩主、オーストリア全権公使。
2月19日 初代露の五郎 44歳 落語家。急性肺炎のため死去。
2月26日 高橋是清 83歳 第20代内閣総理大臣、大蔵大臣・農商務大臣・農林大臣・商工大臣、日銀総裁。二・二六事件
で射殺された。
斎藤実 79歳 第30代内閣総理大臣、海軍大将、朝鮮総督・海軍大臣・外務大臣・内大臣。二・二六事件で
射殺された。
松尾伝蔵 65歳 陸軍大佐、内閣総理大臣秘書官。二・二六事件で射殺された。
渡辺錠太郎 63歳 陸軍大将、教育総監。二・二六事件で射殺された。
2月29日 野中四郎 34歳 陸軍大尉。二・二六事件の後に拳銃自殺。
3月11日 戸田極子 80歳 岩倉具視の娘、戸田氏共の妻。
夢野久作 48歳 小説家、禅僧。脳溢血のため死去。
3月12日 内田康哉 72歳 外務大臣、満鉄総裁。
3月19日 入江為守 69歳 貴族院議員、皇太后宮大夫、歌人、子爵。
3月23日 小林芳郎 80歳 検察官。
橋戸信(橋戸頑鉄) 58歳 アマチュア野球選手、新聞記者。肝臓癌と急性肺炎のため死去。
3月24日 牧野信一 41歳 小説家。神経衰弱に悩み、首吊り自殺。
3月25日 山本条太郎 70歳 衆議院議員、南満州鉄道社長。
照内豊 64歳 医化学者。
3月27日 川崎卓吉 66歳 福島県知事、名古屋市長、貴族院議員、内閣法制局長官、内閣書記官長、文部大臣、
商工大臣。
金剛右京 65歳 能楽師。
4月8日 二宮忠八 71歳 航空機研究者。
4月13日 成瀬正一 45歳 小説家、フランス文学者。
4月14日 久保田譲 90歳 文部大臣、枢密顧問官、貴族院議員。
4月15日 紀淑雄 65歳 美術研究家。
4月18日 森志げ 57歳 森鷗外の妻、小説家。
4月21日 高峰筑風 58歳 琵琶演奏家。
4月23日 石井直三郎 47歳 歌人。
5月3日 池田菊苗 73歳 化学者、味の素の発明者。
5月5日 富谷鉎太郎 81歳 大審院院長、明治大学総長、貴族院議員。
5月11日 納所弁次郎 72歳 作曲家、音楽教育家。
5月15日 関矢留作 32歳 農民運動家。
5月23日 松岡静雄 59歳 海軍大佐、言語学者、民族学者。
6月5日 山下谷次 65歳 衆議院議員、文部参与官。
6月10日 土田麦僊 50歳 画家。
6月13日 2代真清水蔵六 76歳 陶工。
6月18日 中村静嘉 77歳 海軍少将、太平生命保険社長。
6月26日 落合寅市 87歳 困民党大隊副長。
6月27日 鈴木三重吉 55歳 小説家、児童文学者。肺癌のため死去。
7月3日 相沢三郎 48歳 陸軍中佐。永田鉄山を殺害し、銃殺刑。
7月6日 冨田渓仙 58歳 画家。
7月9日 黒住宗子 61歳 黒住教管長。
7月12日 7代市川中車 77歳 歌舞伎役者。
岩原謙三 74歳 NHK会長。
満谷国四郎 63歳 画家。
香田清貞 34歳 陸軍大尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
安藤輝三 32歳 陸軍大尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
渋川善助 32歳 思想家。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
竹嶌継夫 30歳 陸軍中尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
中橋基明 30歳 陸軍中尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
栗原安秀 29歳 陸軍中尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
対馬勝雄 29歳 陸軍中尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
丹生誠忠 29歳 陸軍中尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
水上源一 29歳 弁理士。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
坂井直 27歳 陸軍中尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
田中勝 26歳 陸軍中尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
中島莞爾 25歳 陸軍少尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
安田優 25歳 陸軍少尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
高橋太郎 24歳 陸軍少尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
林八郎 23歳 陸軍少尉。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
7月22日 岡崎邦輔 83歳 京阪電気鉄道社長、農林大臣、衆議院議員、貴族院議員。
8月10日 柏原文太郎 68歳 教育者、社会事業家、衆議院議員。
8月11日 三木静次郎 44歳 部落解放運動家。
8月27日 山田道兄 57歳 衆議院議員、農林参与官。
9月1日 金武良仁 64歳 音楽家。
9月4日 石原健三 73歳 内務官僚、裁判官、山梨県知事・千葉県知事・高知県知事・静岡県知事・愛知県知事・神奈川県
知事・北海道庁長官・宮内次官・枢密顧問官・貴族院議員。
9月23日 奥田艶子 57歳 女子教育家。
10月7日 手塚岸衛 57歳 教育者。
10月8日 下田歌子 83歳 教育家、歌人。肺炎のため死去。
草間滋 58歳 病理学者。
10月27日 壬生基義 64歳 陸軍少将、伯爵。
10月31日 岡倉由三郎 69歳 英語学者。
11月10日 竹内友治郎 65歳 衆議院議員、陸軍政務次官。
11月13日 岡田朝太郎 69歳 刑法学者。
11月20日 小野宮吉 37歳 舞台俳優、劇作家。
12月6日 浜岡光哲 84歳 実業家、衆議院議員。
12月9日 今村恒夫 29歳 詩人。結核のため死去。
12月26日 安藤和風 71歳 ジャーナリスト。
12月30日 大川平三郎 77歳 大川財閥創始者、貴族院議員。
昭和12年(1937年)
1月3日 菰淵清雄 64歳 裁判官。
1月4日 徳大寺公弘 75歳 宮内省御用掛、貴族院議員。
1月9日 松瀬青々 69歳 俳人。
1月10日 松井柏軒 72歳 新聞記者。
1月13日 富田常次郎 73歳 柔道家。
大森金五郎 71歳 歴史学者。
1月24日 森永太一郎 73歳 森永製菓創業者。
2月1日 浅野長勲 96歳 安芸広島新田藩主・安芸広島藩主、元老院議官、貴族院議員。
河東碧梧桐 65歳 俳人、随筆家。腸チフスと敗血症のため死去。
2月3日 浅野和三郎 64歳 小説家、文学研究者、心霊主義運動家。急性肺炎のため死去。
2月5日 斎藤恒三 80歳 東洋紡績社長。
2月19日 中内蝶二 63歳 小説家、劇作家、ジャーナリスト、作詞家。
2月25日 伊庭孝 51歳 俳優、演出家、作詞家。
3月17日 松谷与二郎 58歳 衆議院議員、弁護士。交通事故のため死去。
3月24日 牧野謙次郎 76歳 漢学者。
4月2日 十一谷義三郎 41歳 小説家、翻訳家。肺結核のため死去。
4月3日 宮尾舜治 70歳 愛知県知事・北海道庁長官、貴族院議員。糖尿病と肺炎のため死去。
4月10日 今泉みね 83歳 桂川甫周の娘。
4月11日 中浜東一郎 81歳 医師。
4月20日 武富済 59歳 検事、弁護士、衆議院議員、拓務参与官。
4月27日 島薗順次郎 61歳 医師、内科学者。
4月29日 黒井悌次郎 72歳 海軍大将。
4月30日 谷健造 35歳 農民運動家。
5月2日 岩崎卓爾 69歳 気象観測技術者。
5月3日 本多正憲 89歳 安房長尾藩知事、貴族院議員。
5月4日 岡田庄作 65歳 大審院判事、弁護士。
5月9日 菅原傳 75歳 衆議院議員、海軍参与官。
5月10日 山本松之助 65歳 新聞記者。
5月12日 阿部房次郎 70歳 実業家、貴族院議員。
5月13日 斎藤精輔 70歳 辞典編集者。
5月22日 海老名弾正 82歳 思想家、教育者、牧師。
中村啓次郎 71歳 衆議院議長、逓信政務次官。
5月26日 初代田辺竹雲斎 61歳 竹工芸家。
6月1日 金子馬治 68歳 哲学者、評論家。
6月14日 石井亮一 71歳 心理学者、教育学者、社会事業家。
五百木良三 68歳 国粋主義者。
6月17日 新垣松含 58歳 舞踊家。
6月25日 有吉明 62歳 外交官。
7月9日 権藤成卿 70歳 思想家、制度学者。
7月11日 ジャック白井 38歳? スペイン内戦の義勇兵。ブルネテの戦いで戦死。
7月18日 12代千宗左 75歳 茶道家、表千家家元。
7月20日 加古祐二郎 33歳 法学者。肋膜炎のため死去。
7月21日 菊竹六鼓 58歳 ジャーナリスト。結核のため死去。
7月24日 石田六次郎 74歳 社会運動家。
7月26日 内田良平 64歳 国家主義者、右翼活動家。
7月28日 小泉策太郎 66歳 衆議院議員。
8月15日 稲垣巌 41歳 教育者。小泉八雲の子。
8月18日 三沢勝衛 53歳 地理学者。
8月19日 北一輝 55歳 思想家、社会運動家。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
西田税 37歳 思想家。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
村中孝次 35歳 陸軍中佐。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
磯部浅一 33歳 陸軍一等主計。二・二六事件の首謀者として銃殺刑。
8月20日 和田英松 73歳 歴史学者、国文学者。
9月17日 青井鉞男 66歳 アマチュア野球選手。
9月27日 高松豊吉 86歳 化学者。
10月6日 友田恭助 39歳 新劇俳優。日中戦争で戦死。
10月8日 園田実 54歳 海軍少将。
10月10日 小砂丘忠義 41歳 教育運動家。
10月14日 並河成資 41歳 品種改良家。小麦の研究上の悩みから自殺。
岩倉具方 30歳 画家。従軍画家として中国に渡り、日中戦争で戦死。
10月22日 中原中也 31歳 詩人、歌人、翻訳家。結核性脳膜炎のため死去。
10月26日 上田萬年 71歳 国語学者、言語学者。直腸癌のため死去。
11月5日 木下尚江 69歳 社会主義者、作家。
11月8日 早川二郎 32歳 歴史学者。奥秩父で登山中に遭難死。
11月9日 菊谷栄 36歳 画家、喜劇作家。日中戦争で戦死。
11月11日 瓜生外吉 81歳 海軍大将、貴族院議員。
11月14日 東宮鉄男 46歳 陸軍少佐(没後大佐に特進)。日中戦争で戦死。
11月15日 栗野慎一郎 87歳 外交官、枢密顧問官。
11月17日 貴志康一 28歳 作曲家、指揮者、ヴァイオリニスト。腹膜炎のため死去。
11月18日 石渡敏一 79歳 内閣書記官長、貴族院議員、枢密顧問官。
11月22日 兼田秀雄 58歳 衆議院議員、鉄道参与官。
12月3日 和仁貞吉 68歳 大審院長。
12月5日 北条民雄 24歳 小説家。結核のため死去。
12月6日 曾禰達蔵 86歳 建築家。
12月8日 石光真臣 68歳 陸軍中将。胃癌のため死去。
12月10日 国崎定洞 44歳 衛生学者、共産主義者、社会主義者。スターリンの大粛清により銃殺刑。
12月12日 四竈孝輔 62歳 海軍中将。
12月14日 山本悌二郎 68歳 衆議院議員、農林大臣。脳溢血のため死去。
12月20日 西村丹治郎 72歳 衆議院議員、農林政務次官。
荻原雲来 69歳 浄土宗の僧、仏教学者。
12月21日 馬場鍈一 59歳 内閣法制局長官・大蔵大臣・内務大臣。心筋梗塞のため死去。
12月25日 山枡儀重 49歳 衆議院議員、文部参与官。
12代式守伊之助 79歳 大相撲立行司。
昭和13年(1938年)
1月8日 柏木義円 79歳 牧師、思想家。
1月16日 池田七三郎 90歳 新選組隊士。
八田宗吉 65歳 衆議院議員、陸軍参与官。
1月20日 浄法寺五郎 74歳 陸軍中将。
1月22日 今井清 57歳 陸軍中将。
1月29日 荒井賢太郎 76歳 農商務大臣、枢密顧問官、枢密院副議長、貴族院議員。
2月2日 福澤桃介 71歳 名古屋電灯社長、大同電力社長、衆議院議員。脳塞栓のため死去。
2月4日 丹下茂十郎 59歳 衆議院議員、大蔵参与官。
2月5日 武田五一 67歳 建築家。
2月11日 簡野道明 74歳 漢文学者、言語学者、教育者。
2月15日 福澤桃介 71歳 実業家、衆議院議員。
2月26日 小崎弘道 83歳 牧師。
3月2日 松岡映丘 58歳 画家。
間庭末吉 41歳 社会運動家。四・一六事件で逮捕され、獄死。
3月3日 神崎一作 72歳 神道家。
3月11日 大島正健 80歳 宗教家、教育者、言語学者。
3月20日 新田融 59歳 機械工、大逆事件被告。
3月23日 富田幸次郎 67歳 新聞人、衆議院議長。
3月26日 天野為之 79歳 経済学者、ジャーナリスト、衆議院議員。腸チフスのため死去。
4月3日 桂湖村 71歳 漢学者。
4月12日 森田正馬 65歳 医学者、精神科医、神経科医。
4月13日 板垣絹子 80歳 女子教育家、板垣退助の妻。
5月3日 田鎖綱紀 85歳 日本式速記術の創始者。
5月4日 嘉納治五郎 79歳 柔道家、教育者。氷川丸の船上において肺炎のため死去。
5月6日 鈴木よね 87歳 実業家、鈴木商店創業者・鈴木岩治郎の妻。
合田清 77歳 版画家。
5月21日 都井睦雄 22歳 津山事件の犯人。30人を殺害後、猟銃自殺。
5月26日 佐々木忠次郎 82歳 昆虫学者。
5月30日 岡田和一郎 75歳 医師、医学者。
6月5日 田中弘太郎 75歳 陸軍大将。
6月12日 後藤宙外 73歳 小説家、評論家。脳卒中のため死去。
6月14日 清岡栄之助 59歳 実業家。
6月20日 静間小次郎 71歳 舞台俳優。
6月22日 鵜沼勇四郎 29歳 農民運動家。逮捕され、懲役5年の刑で服役中に獄死。
6月24日 福沢一太郎 76歳 慶應義塾社頭、福沢諭吉の長男。
6月27日 林路一 49歳 衆議院議員、拓務参与官。脳溢血のため死去。
7月6日 御木徳一 68歳 ひとのみち教団教祖。
7月12日 鳩山春子 78歳 教育者、共立女子大学創立者。
林若樹 63歳 考古収集家。
7月14日 川島忠之助 86歳 翻訳家、銀行家。
7月18日 楠本高子 87歳 シーボルトの孫、楠本イネの娘。
7月21日 井口喜源治 69歳 キリスト教教育者。
7月25日 濱田耕作 58歳 考古学者。萎縮腎と尿毒症のため死去。
7月30日 上山満之進 70歳 農商務次官、台湾総督、貴族院議員、枢密顧問官。
8月1日 新城新蔵 66歳 天文学者、東洋学者。
8月14日 平沼淑郎 75歳 経済学者、早稲田大学学長。脳溢血のため死去。
8月23日 坂本嘉治馬 73歳 実業家、冨山房創業者。
9月3日 槇村浩 27歳 詩人。
9月7日 3代井上八千代 101歳 日本舞踊家元。
9月11日 有賀長文 74歳 三井合名常務理事。
9月16日 西村五雲 62歳 画家。
9月17日 村上鬼城 74歳 俳人。
山中貞雄 28歳 映画監督、脚本家。日中戦争に従軍し、急性腸炎のため戦病死。
9月23日 井上角五郎 79歳 実業家、衆議院議員。
9月24日 毛利元昭 74歳 貴族院議員。
9月25日 初代伊藤痴遊 72歳 講釈師、衆議院議員、ジャーナリスト。
10月1日 元田肇 81歳 衆議院議長、逓信大臣・鉄道大臣、枢密顧問官。
10月2日 四条隆愛 59歳 貴族院議員、陸軍騎兵少佐、宮内省御用掛。
10月5日 高村智恵子
(長沼智恵子)
53歳 画家。高村光太郎の妻。粟粒性肺結核のため死去。
10月6日 木村駿吉 73歳 海軍技師、教育者。
10月11日 麻生義輝 38歳 美学者、哲学史家。
10月14日 清水谷実英 72歳 陸軍歩兵中佐、宮中顧問官、侍従。
10月16日 野間清治 61歳 講談社創業者。狭心症のため死去。
10月17日 辰野保 48歳 陸上競技選手、弁護士、東京市会議員。
10月26日 渡辺玉子 81歳 社会事業家。
11月8日 入沢達吉 74歳 内科学者、医史学者。脳溢血のため死去。
11月10日 星野錫 85歳 実業家、衆議院議員。
11月18日 門野幾之進 83歳 実業家、貴族院議員。
11月20日 高安右人 79歳 医学者。直腸癌のため死去。
11月22日 秦佐八郎 66歳 細菌学者。脳軟化症のため死去。
萩原恭次郎 40歳 詩人。溶血性貧血のため死去。
11月25日 太田朝敷 74歳 琉球新報社長、首里市長。
11月29日 倉田白羊 58歳 画家。糖尿病のため死去。
12月3日 高田早苗 79歳 文部大臣、早稲田大学総長、衆議院議員・貴族院議員。
12月4日 玉錦三右エ門 36歳 第32代横綱。腹膜炎のため死去。
12月11日 鈴木経勲 86歳 探検家、従軍記者。
12月13日 藤山雷太 76歳 実業家、貴族院議員。
日下諗
(正親町実慶)
52歳 小説家。
12月14日 山上正義 43歳 ジャーナリスト。
12月17日 小川芋銭 71歳 画家。
12月22日 武富時敏 84歳 内閣書記官長・大蔵大臣・逓信大臣、衆議院議員・貴族院議員。
12月28日 益田孝 91歳 三井物産社長、茶人。
昭和14年(1939年)
1月1日 及川平治 65歳 教育者。
1月4日 比田井天来 68歳 書道家。
1月6日 初代大江美智子 30歳 女優。急性盲腸炎のため死去。
1月10日 町田経宇 75歳 陸軍大将。
1月12日 高嶺朝教 72歳 沖縄銀行頭取、衆議院議員、首里市長。
野田英夫 30歳 画家。脳腫瘍のため死去。
1月22日 瀬木博尚 88歳 博報堂創業者。
1月26日 山下りん 83歳 画家。
仁木独人 32歳 舞台俳優。
1月28日 櫻井錠二 82歳 化学者、帝国学士院長、枢密顧問官。
田島勝太郎 61歳 衆議院議員、逓信政務次官。
2月7日 藤岡継平 65歳 歴史研究家、文部官僚。
2月10日 池田政保 76歳 備中鴨方藩主。
2月18日 岡本かの子 51歳 小説家、歌人、仏教学者。脳溢血のため死去。
2月26日 斎藤博 54歳 外交官。
3月1日 岡本綺堂 68歳 小説家、劇作家。肺炎のため死去。
3月10日 飛島文吉 64歳 飛島建設創業者、貴族院議員。
山本懸蔵 45歳 労働運動活動家。スターリンの大粛清により処刑。
3月14日 細野正文 70歳 鉄道院主事。
3月21日 観世元滋 45歳 能楽師。肺炎のため死去。
3月24日 杉村陽太郎 56歳 外交官。胃癌のため死去。
3月28日 田中光顕 97歳 土佐藩士、元老院議官、内閣書記官長、会計検査院長、警視総監、宮内大臣、学習院院長。
3月29日 立原道造 24歳 詩人、建築家。結核のため死去。
4月3日 河野齢蔵 75歳 植物学者、写真家。
4月4日 上埜安太郎 75歳 衆議院議員、鉄道政務次官、高岡市長、富山市長。
4月6日 ラグーザ玉 79歳 画家。脳溢血のため死去。
4月9日 加藤寛治 70歳 海軍大将。脳出血のため死去。
4月11日 村松愛蔵 83歳 衆議院議員。
4月28日 平林彪吾 37歳 小説家。敗血症のため死去。
4月29日 鍋島直縄 51歳 貴族院議員、内務政務次官。
5月2日 杉野喜精 70歳 山一證券社長。
5月11日 三好学 79歳 植物学者。
5月18日 土方寧 81歳 法学者、貴族院議員。
5月22日 朝比奈知泉 78歳 新聞記者、評論家。
5月27日 各務鎌吉 72歳 実業家、貴族院議員。
5月30日 槇哲 74歳 実業家。
6月5日 佐藤昌介 84歳 農学者。
阿部重孝 50歳 教育学者。
6月7日 三上参次 75歳 歴史学者、貴族院議員。肝臓膿瘍のため死去。
6月9日 明石海人 39歳 歌人。
6月10日 矢吹慶輝 61歳 宗教学者、社会事業家。狭心症のため死去。
6月27日 山崎治敏 82歳 備中成羽藩知事。
林権助 80歳 外交官、枢密顧問官。
小野玄妙 57歳 仏教学者。
7月3日 喜田貞吉 69歳 歴史学者。
7月7日 浅野研真 42歳 教育運動家、仏教学者。癌のため死去。没日は7月10日とも。
7月9日 戸川秋骨 70歳 評論家、英文学者、教育者、翻訳家。急性腎盂炎のため死去。
7月11日 服部宇之吉 73歳 中国哲学者。
7月23日 本庄陸男 35歳 小説家。結核のため死去。
8月1日 大谷尊由 54歳 浄土真宗の僧、貴族院議員、拓務大臣。
8月14日 黒田長成 73歳 貴族院副議長、枢密顧問官。
吉川守圀 57歳 社会運動家。
8月16日 原富太郎(原三渓) 72歳 実業家、茶人。
8月17日 戸塚文卿 48歳 カトリック司祭、医師。心臓病のため死去。
8月18日 博恭王妃経子 58歳 徳川慶喜の娘、伏見宮博恭王の妃。肋膜炎のため死去。
8月21日 久慈次郎 42歳 野球選手。8月19日の試合中、牽制球が頭部を直撃し、頭蓋骨破損による脳出血のため死去。
9月2日 岩永裕吉 57歳 通信事業経営者。狭心症のため死去。
9月3日 東武 71歳 衆議院議員、農林政務次官。
9月5日 串田万蔵 73歳 三菱銀行会長、三菱合資総理事。胆嚢炎のため死去。
9月6日 浜田国松 72歳 衆議院議長、司法政務次官。
9月7日 渡辺蒿蔵
(天野清三郎)
97歳 長州藩士、長崎造船所所長、工部省技師。
泉鏡花 67歳 小説家。癌性肺腫瘍のため死去。
9月21日 棚橋絢子 101歳 教育者。
9月23日 岡田三郎助 71歳 画家、文化勲章受章者。
9月24日 中田重治 70歳 キリスト教伝道者、ジャーナリスト、神学者。腸結核のため死去。
10月2日 小橋一太 70歳 衆議院議員、内務次官、内閣書記官長、文部大臣、東京市長。
10月14日 斯波貞吉 71歳 新聞記者、衆議院議員。
10月20日 杉本良吉 33歳 演出家。スターリンの大粛清により銃殺刑。
10月21日 中村進午 70歳 法学者。胃潰瘍のため死去。
11月11日 村上華岳 52歳 日本画家。喘息のため死去。
11月12日 久保猪之吉 66歳 医学者、歌人、俳人。
11月13日 相馬一郎 37歳 社会運動家。活動中に逮捕され、獄中転向したが、出獄後に自殺。
11月17日 田中智學 79歳 宗教家。脳溢血と悪性肺炎のため死去。
11月29日 松村介石 81歳 キリスト教伝道者。動脈硬化のため死去。
12月14日 小久保喜七 75歳 衆議院議員、貴族院議員。
12月25日 山崎紫紅 65歳 劇作家、歌舞伎作者。
昭和15年(1940年)
1月4日 初代根津嘉一郎 81歳 鉄道事業家、衆議院議員、貴族院議員。
1月10日 久保田鼎 86歳 奈良帝室博物館館長、京都帝室博物館館長、東京美術学校校長。
1月18日 山県悌三郎 83歳 社会教育家、出版人。
本因坊秀哉 67歳 囲碁棋士。
1月23日 5代三遊亭圓生 57歳 落語家。
1月25日 13代伊藤次郎左衛門 63歳 実業家。
1月26日 高瀬文淵 77歳 評論家、小説家。
2月 青山霞村 67歳 詩人、歌人。
2月1日 望月軍四郎 62歳 湘南電鉄会長。
2月4日 石本巳四雄 48歳 地震学者。脳溢血のため死去。
2月7日 松平頼安 85歳 宍戸松平家当主。
2月12日 4代杵屋正次郎 71歳? 長唄三味線方。
2月20日 鈴木荘六 76歳 陸軍大将、参謀総長。狭心症のため死去。
2月23日 藤田平太郎 72歳 実業家、貴族院議員。
2代市川左團次 61歳 歌舞伎役者。
2月29日 頼母木桂吉 74歳 衆議院議員、逓信大臣、東京市長。
3月2日 正木直彦 79歳 美術行政家、東京美術学校校長。
3月8日 常宮昌子内親王 53歳 明治天皇の皇女、竹田宮恒久王の妃。
3月9日 20代木村庄之助 65歳 大相撲立行司。胃癌のため死去。
3月13日 永井建子 76歳 作曲家、陸軍軍楽隊隊長。
山室軍平 69歳 救世軍士官。急性肺炎のため死去。
3月14日 中村長八 76歳 司祭。
3月18日 明珍恒男 59歳 彫刻家。
3月23日 上田仙太郎 74歳 外交官、ロシア研究者。
水上瀧太郎 54歳 小説家、評論家、劇作家。脳溢血のため死去。
3月26日 吉江喬松 61歳 フランス文学者、詩人、評論家。
3月30日 古河虎之助 54歳 古河財閥総帥。
4月3日 藤沢幾之輔 82歳 商工大臣、衆議院議長、貴族院議員、枢密顧問官。
4月9日 寺島権蔵 53歳 衆議院議員、三日市町長、商工参与官。
4月17日 菱野貞次 43歳 社会運動家。
4月18日 渡邊千冬 65歳 衆議院議員、貴族院議員、司法大臣、枢密顧問官。
4月21日 平山周 71歳 アジア主義者。
5月 諸井六郎 69歳 外交官、郷土史家。
5月1日 吉本三平 41歳 漫画家。
5月8日 上田貞次郎 62歳 経営学者、経済学者。
今井田清徳 57歳 逓信次官、貴族院議員、朝鮮総督府政務総監。
5月22日 松木直亮 65歳 陸軍大将。
5月23日 稲葉岩吉 65歳 歴史学者。
6月5日 徳川家達 78歳 徳川宗家16代当主、田安徳川家7代当主、駿府藩主、貴族院議長。
6月22日 馬場孤蝶 72歳 英文学者、評論家、翻訳家、詩人。肝臓癌と腹膜炎のため死去。
6月24日 井深梶之助 87歳 牧師。
鈴木喜三郎 74歳 検事総長・内務大臣・司法大臣。
7月6日 酒井勝軍 67歳 キリスト教伝道者、オカルティスト。
7月18日 小柳司気太 71歳 中国文学者、道教研究者。
7月21日 古荘幹郎 59歳 陸軍大将。
7月28日 小林栄 81歳 教育者、猪苗代日新館創設者。
大森義太郎 43歳 経済学者。胃癌のため死去。
7月31日 坂井犀水 70歳 美術評論家。
8月12日 土田耕平 46歳 歌人、童話作家。心臓病のため死去。
8月19日 2代市川松蔦 55歳 歌舞伎役者。
8月29日 野村吉哉 40歳 詩人。
8月30日 長谷川天渓 65歳 評論家。胆嚢炎のため死去。
9月6日 麻生久 50歳 衆議院議員。心臓麻痺のため死去。
9月10日 山屋他人 75歳 海軍大将。
9月12日 5代中村歌右衛門 76歳 歌舞伎役者。
9月16日 島中雄三 60歳 社会運動家、評論家、編集者、翻訳家。
9月23日 鳥井吉太郎 33歳 サントリー副社長。
10月11日 種田山頭火 59歳 俳人。
10月12日 長谷川利行 50歳 画家、歌人。胃癌のため死去。
10月17日 小村雪岱 54歳 画家、版画家。脳溢血のため死去。
10月22日 西川光二郎 65歳 社会主義者。
10月25日 平野小剣 50歳 社会運動家。急性肺炎のため死去。
11月6日 富士川游 76歳 医学者、医学史家。胆石病のため死去。
11月20日 小熊秀雄 40歳 詩人、小説家、漫画原作者、画家。肺結核のため死去。
11月22日 山名義路 81歳 但馬村岡藩主、貴族院議員、陸軍少佐。
11月24日 西園寺公望 92歳 第12・14代内閣総理大臣、文部大臣・外務大臣。
12月1日 加藤木重教 84歳 工部省技師、実業家。
12月3日 岩下壮一 52歳 カトリック司祭、哲学者。
12月6日 田中隆三 77歳 衆議院議員、文部大臣、枢密顧問官。
12月7日 吉岡信敬 56歳 早稲田大学応援隊長。
12月24日 湯浅倉平 67歳 内務次官、貴族院議員、会計検査院長、宮内大臣、内大臣。肺気腫のため死去。
12月31日 大島宇吉 89歳 新聞経営者、衆議院議員。
昭和16年(1941年)
1月1日 望月圭介 75歳 逓信大臣・内務大臣、衆議院議員。急性肝炎のため死去。
1月11日 野口援太郎 74歳 教育者。
1月13日 鷲尾順敬 74歳 仏教史学者。
1月14日 小倉清三郎 60歳 性科学者。脳溢血のため死去。
1月19日 有坂鉊蔵 74歳 海軍造兵中将、工学者。
1月22日 林忠崇 94歳 上総請西藩主。
2月1日 田中貢太郎 62歳 小説家、随筆家。
2月5日 大角岑生 66歳 海軍大将、海軍大臣。搭乗していた飛行機が墜落して死去。
2月8日 前田曙山 71歳 小説家。
2月14日 諸井恒平 80歳 秩父セメント創業者、秩父鉄道社長。
2月18日 徳川達孝 77歳 貴族院議員、皇后宮大夫、侍従長。
2月20日 河野広躰 78歳 自由民権運動家。
3月1日 森矗昶 58歳 森コンツェルン創業者、衆議院議員。
3月9日 田中国重 73歳 陸軍大将。
3月12日 小谷部全一郎 75歳 牧師、アイヌ研究家。心不全のため死去。
3月13日 山本瑞雲 75歳 彫刻家。
石本寅三 52歳 陸軍中将。
3月19日 樺山資英 74歳 内閣書記官長、貴族院議員。
3月24日 黒金泰義 75歳 山口県知事、大分県知事、群馬県知事、衆議院議員、鉄道政務次官。
4月3日 鹿子木孟郎 68歳 画家。
太刀山峯右エ門 65歳 第22代横綱。
4月8日 広岡宇一郎 75歳 衆議院議員、逓信政務次官。
4月15日 西義一 64歳 陸軍大将、教育総監。
4月20日 白仁武 79歳 内務官僚、栃木県知事、日本郵船社長。
4月26日 石黒忠悳 97歳 陸軍軍医、貴族院議員。老衰のため死去。
4月28日 津村重舎 71歳 ツムラ創業者、貴族院議員。
5月6日 九鬼周造 54歳 哲学者。腹膜炎のため死去。
5月11日 山道襄一 60歳 新聞記者、衆議院議員、鉄道政務次官。
5月13日 大錦卯一郎 51歳 第26代横綱。
5月24日 正岡律 72歳 正岡子規の妹。
6月18日 乾正士 74歳 陸軍軍人。板垣退助の子。
6月22日 佐藤功一 64歳 建築家。
6月29日 今泉嘉一郎 75歳 製鉄技術者、日本鋼管創業者、衆議院議員。
7月17日 二階堂トクヨ 62歳 教育者、日本女子体育大学創設者。
川端茅舎 45歳 俳人、画家。肺患のため死去。
7月26日 伊原青々園 72歳 演劇評論家、劇作家。
8月1日 嵯峨公勝 79歳 貴族院議員。
8月2日 加藤政之助 88歳 新聞記者、衆議院議員、貴族院議員。
8月4日 大森安仁子 86歳 芸術家、慈善活動家、翻訳家。
8月5日 加能作次郎 57歳 小説家。クループ性肺炎のため死去。
8月15日 井上通泰 76歳 歌人、国文学者、医師、貴族院議員。
8月16日 長與又郎 64歳 病理学者。癌のため死去。
8月21日 勝田孫弥 75歳 教育者、歴史家。
8月22日 長谷川時雨 63歳 劇作家、小説家。白血病顆粒細胞減少症のため死去。
9月10日 桐生悠々 69歳 ジャーナリスト、評論家。喉頭癌のため死去。
10月11日 河合操 78歳 陸軍大将、参謀総長。
10月30日 谷口尚真 72歳 海軍大将。
11月8日 瀬戸口藤吉 74歳 音楽家、海軍軍楽師。
11月14日 阪谷芳郎 79歳 大蔵大臣、東京市長、貴族院議員。
11月15日 小川琢治 72歳 地質学者、地理学者。
11月17日 小沢碧童 61歳 俳人。
11月23日 関屋敏子 38歳 声楽家、作曲家。自宅で睡眠薬自殺。
12月3日 近角常観 72歳 浄土真宗の僧。
12月8日 佐々木直吉 29歳 海軍特務少尉。真珠湾攻撃で戦死。
岩佐直治 27歳 海軍中佐。真珠湾攻撃で戦死。
稲垣清 27歳 海軍兵曹長。真珠湾攻撃で戦死。
上田定 26歳 海軍兵曹長。真珠湾攻撃で戦死。
横山薫範 25歳 海軍特務少尉。真珠湾攻撃で戦死。
古野繁実 24歳 海軍少佐。真珠湾攻撃で戦死。
片山義雄 24歳 海軍兵曹長。真珠湾攻撃で戦死。
横山正治 23歳 海軍少佐。真珠湾攻撃で戦死。
広尾彰 22歳 海軍大尉。真珠湾攻撃で戦死。
12月11日 飯沼正明 30歳 パイロット。真珠湾攻撃の報を聞いて驚き、飛行機のプロペラに接触して事故死。
12月19日 吉田増蔵 76歳 漢学者。
12月24日 中村吉蔵 65歳 劇作家、演劇研究家。
大江季雄 27歳 陸上競技選手、ベルリン五輪銅メダリスト。ルソン島で戦死。
12月29日 南方熊楠 75歳 博物学者、生物学者、民俗学者。萎縮腎のため死去。
岡野貞一 64歳 作曲家。
眞鍋嘉一郎 64歳 医学者。癌のため死去。
昭和17年(1942年)
1月3日 武内桂舟 82歳 浮世絵師、挿絵画家。
1月6日 県忍 62歳 山形県知事・鹿児島県知事・千葉県知事・群馬県知事・樺太庁長官・大阪府知事・名古屋市長。
1月8日 池田大伍 58歳 劇作家、劇評家、翻訳家。風邪と急性肺炎のため死去。
1月19日 郷誠之助 78歳 実業家、貴族院議員。
猪俣津南雄 54歳 経済学者。腎臓炎のため死去。
1月20日 横山又次郎 83歳 地質学者、古生物学者。
1月21日 吉田白嶺 72歳 彫刻家。
1月25日 山村耕花 57歳 浮世絵師、版画家。
1月26日 金杉英五郎 78歳 医学者。
1月28日 荒木寅三郎 77歳 医学者。狭心症のため死去。
徳山璉 40歳 声楽家、歌手。敗血症のため死去。
1月31日 竹本綾之助 68歳 女義太夫。
2月4日 板垣鉾太郎 75歳 教育家、牧師。
2月5日 小川平吉 74歳 司法大臣・鉄道大臣、衆議院議員。
2月9日 白石喜之助 73歳 牧師。
2月12日 菊亭香水 88歳 小説家、新聞記者。
2月14日 21代田部長右衛門 93歳 殖産家、貴族院議員。
2月23日 原胤昭 90歳 実業家。
2月25日 小林陽之助 35歳 社会運動家。千葉刑務所で服役中に獄死。
2月28日 山本信次郎 66歳 海軍少将、カトリック信徒。
3月4日 佐藤鉄太郎 77歳 海軍中将、貴族院議員。
丸山晩霞 76歳 画家。
3月15日 安井仲治 40歳 写真家。腎不全のため死去。
3月18日 杉浦啓一 46歳 労働運動家。
3月21日 河合武雄 66歳 俳優。
3月22日 建畠大夢 63歳 彫刻家。心臓病のため死去。
3月27日 島袋源一郎 58歳 教育者、沖縄研究家。
3月28日 鎌田勝太郎 79歳 実業家、衆議院議員、貴族院議員。
3月30日 白鳥庫吉 78歳 東洋史学者。
5月2日 亀井茲常 59歳 宮内官僚。
5月8日 八田與一 57歳 水利技術者。乗船していた大洋丸が米軍の潜水艦に撃沈され死去。
高橋赫一 37歳 海軍大佐。珊瑚海海戦で戦死。
5月11日 萩原朔太郎 57歳 詩人。急性肺炎のため死去。
5月14日 宮本勢助 59歳 風俗史家。
5月15日 石光真清 75歳 陸軍少佐、諜報活動家。
佐藤惣之助 53歳 詩人、作詞家。脳溢血のため死去。
5月16日 金子堅太郎 90歳 農商務大臣・司法大臣・枢密顧問官。
5月17日 石田友治 62歳 キリスト教伝道者。
5月20日 菅源三郎 60歳 航海士。長崎丸沈没事故の責任を取り割腹自殺。
5月21日 河田嗣郎 60歳 経済学者。
5月24日 小口忠 63歳 映画監督、脚本家。肺炎のため死去。
5月29日 与謝野晶子 65歳 歌人、作家。脳溢血のため死去。
6月2日 内田定槌 78歳 外交官。
6月5日 友永丈市 32歳 海軍大尉。ミッドウェー海戦で戦死。
6月6日 山口多聞 51歳 海軍中将。ミッドウェー海戦で戦死。
加来止男 50歳 海軍少将。ミッドウェー海戦で戦死。
6月16日 伊藤快彦 76歳 画家。
6月25日 宮城長五郎 65歳 裁判官、検察官、司法大臣、貴族院議員。
6月27日 武藤長蔵 62歳 経済学者、歴史家。
7月18日 長沼守敬 86歳 彫刻家。
7月28日 石塚英蔵 77歳 台湾総督、貴族院議員、枢密顧問官。
8月3日 中江丑吉 54歳 中国学者。肺結核のため死去。
8月16日 松山忠二郎 74歳 読売新聞社長。
8月21日 河野清丸 70歳 教育学者。
8月21日 一木清直 51歳 陸軍大佐(没後少将に特進)。ガダルカナル島の戦いで自決。
8月22日 石榑千亦 74歳 歌人。
8月23日 竹内栖鳳 79歳 画家、文化勲章受章者。
遅塚麗水 77歳 新聞記者、小説家。
8月25日 土方久徴 73歳 日本銀行総裁、貴族院議員。
8月26日 平岡定太郎 80歳 福島県知事、樺太庁長官。
9月3日 岸本鹿太郎 74歳 陸軍大将。
9月5日 前田利為 57歳 陸軍大将、貴族院議員。ボルネオ沖で搭乗機が墜落して死去。
9月10日 渋沢正雄 55歳 実業家。
9月11日 大河内国子 61歳 徳川慶喜の娘、大河内輝耕の妻。
9月23日 佐藤和藤治 40歳 農民運動家。
10月6日 巌本善治 80歳 女性教育家、評論家、事業家。
10月11日 古賀廉造 85歳 大審院判事、内務省警保局長、貴族院議員、拓殖局長官。
10月12日 五藤存知 55歳 海軍少将(没後中将に特進)。サボ島沖海戦で戦死。
10月14日 中村歌扇 54歳 女優。
10月21日 太田敏夫 24歳 海軍飛行兵曹長。ガダルカナル沖で搭乗機が撃墜されて戦死。
10月26日 村田重治 34歳 海軍大佐。南太平洋海戦で戦死。
11月2日 北原白秋 58歳 詩人、歌人、童謡作家。
11月5日 清浦奎吾 93歳 第23代内閣総理大臣、司法大臣・農商務大臣・内務大臣・枢密院議長。
11月19日 陸奥広吉 74歳 外交官、教育者。
11月29日 木村武山 67歳 画家。喘息のため死去。
藤浪剛一 63歳 医学者。
12月 加藤春路 79歳 岩崎弥太郎の娘、加藤高明の妻。
12月2日 尾形亀之助 43歳 詩人。
12月4日 中島敦 34歳 小説家。気管支喘息のため死去。
12月15日 織田秀雄 35歳 童話作家、教育運動家。
12月18日 塚田攻 56歳 陸軍大将。安徽省で飛行機事故死。
12月22日 狩野亨吉 78歳 教育者。
12月28日 菊池恭三 84歳 大日本紡績会長、貴族院議員。
昭和18年(1943年)
1月10日 若尾璋八 71歳 衆議院議員、貴族院議員、鉄道政務次官。
1月18日 大原孫三郎 64歳 実業家。
1月22日 中村十作 77歳 実業家、農民運動家。
2月1日 小野蕪子 56歳 俳人。腎臓炎と尿毒症のため死去。
2月4日 湯浅吉郎 86歳 聖書学者、図書館学者、詩人。
林銑十郎 68歳 第33代内閣総理大臣、陸軍大将、陸軍大臣・文部大臣・外務大臣。脳溢血のため死去。
2月6日 大谷光演
(大谷句仏)
69歳 浄土真宗の僧、俳人。
2月8日 酒井忠利 87歳 海軍少将。
2月12日 倉田百三 53歳 劇作家、評論家。
2月13日 田昌 66歳 衆議院議員、大蔵政務次官。
2月14日 平尾聚泉 70歳 平尾賛平商店社主。
2月15日 頭本元貞 82歳 ジャーナリスト、衆議院議員。
2月17日 平賀譲 66歳 工学者、海軍技術中将。嚥下性肺炎のため死去。
2月19日 久松定謨 77歳 陸軍中将。
2月27日 野中徹也 51歳 衆議院議員、文部参与官。
3月10日 吉植庄一郎 79歳 衆議院議員、文部参事官、商工政務次官。
3月13日 平田禿木 71歳 英文学者、翻訳家、随筆家。
3月15日 3代桂鹽鯛 67歳 落語家。
3月19日 藤島武二 77歳 画家、文化勲章受章者。脳溢血のため死去。
国領五一郎 42歳 労働運動家。服役中に獄死。
3月20日 森下博 75歳 森下仁丹創業者。
3月22日 新美南吉 31歳 児童文学作家。結核のため死去。
3月28日 河津暹 69歳 経済学者。
3月29日 横田永之助 72歳 映画製作者、日活社長。
4月8日 平山清次 70歳 天文学者。
国枝史郎 57歳 小説家。喉頭癌のため死去。
河合康左右 45歳 社会運動家。第十五銀行襲撃事件で逮捕され、服役中に獄死。
4月9日 奥山朝恭 86歳 作曲家。
4月16日 山上武雄 63歳 農民運動家。
4月18日 山本五十六 60歳 元帥海軍大将、連合艦隊司令長官。ブーゲンビル島上空で搭乗機が米軍機に撃墜され、戦死。
4月29日 小川正子 42歳 医師。
5月10日 佐藤大四郎 35歳 社会運動家。治安維持法違反で逮捕され、奉天で獄死。
5月12日 川崎紫山 80歳 ジャーナリスト。
5月13日 立作太郎 70歳 国際法学者。
5月18日 大錦大五郎 61歳 第28代横綱。
5月22日 5代清元延寿太夫 82歳 浄瑠璃太夫。
5月27日 西村眞次 65歳 ジャーナリスト、歴史学者、考古学者、人類学者、民俗学者。
6月6日 中村不折 78歳 画家、能書家。
6月17日 佐藤三吉 87歳 外科医。肺炎のため死去。
6月21日 水谷不倒 86歳 国文学者、小説家。
6月27日 速水滉 68歳 心理学者。
7月9日 宮島詠士 77歳 能書家、教育者。
島田墨仙 77歳 画家。
7月10日 千葉春雄 54歳 教育者。
7月13日 大久保利武 79歳 鳥取県知事、大分県知事、埼玉県知事、大阪府知事、貴族院議員。
7月18日 三宅花圃 76歳 小説家、歌人、浮世絵師。
7月25日 石河幹明 85歳 ジャーナリスト。老衰のため死去。
8月2日 宮城与徳 41歳 画家、社会運動家。ゾルゲ事件で逮捕され、東京拘置所で結核のため獄死。
8月4日 松田甚次郎 35歳 農業指導者、著述家。
8月5日 鈴木率道 54歳 陸軍中将。
8月9日 田口掬汀 69歳 小説家、劇作家、美術評論家。
8月22日 島崎藤村 72歳 詩人、小説家。脳溢血のため死去。
8月25日 柴田善三郎 67歳 三重県知事、福岡県知事、愛知県知事、大阪府知事、内閣書記官長、貴族院議員。
9月10日 6代大谷友右衛門 58歳 歌舞伎役者。鳥取地震のため死去。
9月12日 木津無庵 77歳 浄土真宗の僧。
9月17日 永田秀次郎 68歳 三重県知事、東京市長、拓殖大学学長、貴族院議員、拓務大臣、鉄道大臣。
9月18日 野村龍太郎 85歳 鉄道官僚、実業家、南満州鉄道総裁。
9月20日 鈴木梅太郎 70歳 農芸化学者、文化勲章受章者。
児玉花外 70歳 詩人。急性腸炎のため死去。
9月24日 梅島昇 57歳 俳優。
9月26日 木村栄 74歳 天文学者、文化勲章受章者。
10月4日 池野成一郎 78歳 植物学者。
10月5日 助川啓四郎 57歳 衆議院議員、農林参与官。
10月10日 辰馬吉左衛門 76歳 実業家。
10月13日 岩崎革也 75歳 京都府議会議員、須知町長。
10月16日 柳原愛子 85歳 柳原光愛の娘、明治天皇の典侍、大正天皇の母。
10月17日 黒島伝治 46歳 小説家。
10月23日 若嶌權四郎 68歳 第21代横綱。
10月27日 中野正剛 58歳 衆議院議員。自宅で割腹自殺。
10月29日 安藤嶺丸 74歳 浄土真宗の僧。
岡鬼太郎 72歳 歌舞伎作家、劇評家。
11月2日 森寛子 80歳 岩倉具視の娘、有馬頼万・森有礼の妻。
11月7日 田村虎蔵 71歳 音楽教育家、作曲家。
8代金原亭馬生 48歳 落語家。
11月9日 岩村俊武 78歳 海軍中将。
冨永信政 56歳 陸軍大将。
11月11日 豊田豊吉 54歳 衆議院議員、大蔵参与官。
11月13日 菅虎雄 80歳 ドイツ語学者。
11月16日 松木宗隆 76歳 貴族院議員。
11月17日 塩沢幸一 61歳 海軍大将。
11月18日 徳田秋声 73歳 小説家。肋膜癌のため死去。
11月19日 宮城山福松 49歳 第29代横綱。
11月20日 国枝金三 58歳 画家。
11月21日 山本秀煌 87歳 牧師、神学者。
11月29日 岡山不衣 59歳 俳人。
12月1日 2代桂三木助 60歳 落語家。
12月6日 石井研堂 79歳 文化史家。
12月7日 牧野元次郎 70歳 不動貯金銀行創業者。
12月23日 高木友枝 86歳 医学者、台湾電力社長。
12月24日 松本亦太郎 79歳 心理学者。
野間口兼雄 78歳 海軍大将。
横山健堂 72歳 評論家。
12月28日 佐々木勇之助 90歳 銀行家。
昭和19年(1944年)
1月2日 細谷資氏 88歳 海軍少将。
1月4日 尾高豊作 51歳 実業家、教育者。
1月12日 森広蔵 72歳 銀行家、安田財閥幹部。
1月15日 野口遵 72歳 日窒コンツェルン創業者。
1月24日 石井筆子 84歳 教育者。
1月31日 鈴木政吉 86歳 バイオリン製作者。肺炎のため死去。
2月1日 千種任子 90歳 千種有任の娘、明治天皇の側室。
2月3日 飯野吉三郎 78歳 新興宗教家。
2月5日 橋本福松 62歳 地理学者。
2月7日 三上於菟吉 54歳 小説家。
2月8日 添田唖蝉坊 73歳 演歌師。
小倉進平 63歳 言語学者。
2月13日 安川雄之助 75歳 三井合名理事、東洋拓殖総裁。
2月15日 河合栄治郎 54歳 社会思想家、経済学者。心臓麻痺のため死去。
2月16日 村井知至 84歳 牧師、英語学者、社会主義者。
2月17日 三谷隆正 56歳 法学者。
2月22日 山川健 53歳 官僚、貴族院議員。
2月25日 鳳籌三郎 66歳 与謝野晶子の弟。
2月26日 高安月郊 76歳 詩人、劇作家。
高木武 66歳 国文学者。
2月27日 金子直吉 79歳 実業家。鈴木商店大番頭。
2月28日 金子元臣 77歳 国文学者、歌人。
3月5日 国分青崖 88歳 漢詩人。
3月19日 大上末広 42歳 中国研究者。満鉄事件で逮捕され、チフスのため獄死。
3月31日 古賀峯一 60歳 元帥海軍大将。搭乗機が墜落して死去。
4月6日 森潤三郎 66歳 森鴎外の弟。
4月12日 7代三笑亭可楽 59歳 落語家。自宅階段から転落し、背中を強打して死去。
4月16日 西雅雄 49歳 政治運動家。満鉄調査部事件で検挙された後、獄死。
4月21日 市島謙吉 85歳 衆議院議員。
長延連 64歳 内務官僚、岡山県知事・島根県知事・石川県知事・兵庫県知事・警視総監、実業家。
4月22日 大倉桃郎 66歳 小説家。
4月23日 近松秋江 69歳 小説家、評論家。
4月28日 松岡寿 83歳 画家。
中里介山 60歳 小説家。腸チフスのため死去。
5月1日 有馬良橘 84歳 海軍大将、枢密顧問官。
5月2日 丘浅次郎 77歳 動物学者。
5月3日 遠藤喜一 54歳 海軍大将。ニューギニア島で戦死。
泉野利喜蔵 43歳 社会運動家、堺市会議員。
5月5日 大橋新太郎 82歳 博文館創業者、衆議院議員、貴族院議員。
5月7日 木暮理太郎 72歳 登山家。
5月25日 秦逸三 65歳 科学者、実業家。
5月29日 大瀬甚太郎 80歳 教育学者。
5月30日 安芸盛 49歳 労働運動家。高知から大阪へ向かう船が米軍により撃沈されて死去。
5月31日 林仙之 68歳 陸軍大将。
嶋田青峰 63歳 俳人、翻訳家、新聞記者。肺結核のため死去。
6月3日 木場貞長 86歳 文部次官、貴族院議員。
6月10日 宝生新 75歳 能楽師。
6月17日 俵孫一 76歳 三重県知事、宮城県知事、北海道庁長官、商工大臣、衆議院議員。
6月26日 中川健蔵 70歳 香川県知事・熊本県知事・北海道庁長官・東京府知事・文部次官・台湾総督、貴族院議員。
6月27日 津村信夫 36歳 詩人。
7月2日 山梨半造 81歳 陸軍大将、陸軍大臣、朝鮮総督。
7月6日 南雲忠一 58歳 海軍大将。サイパン島で戦死(あるいは自決)。
高木武雄 53歳 海軍大将。サイパン島で戦死。
7月14日 奈良原三次 68歳 航空技術者。
7月23日 小山初代 33歳 太宰治の内縁の妻、芸妓。
7月24日 板谷茂 36歳 海軍中佐。陸軍機の誤射で乗機が墜落して死亡。
7月28日 松本君平 75歳 ジャーナリスト、衆議院議員、海軍参与官。狭心症のため死去。
7月29日 上原敏 37歳 歌手。日中戦争で戦死。没日は4月30日とも。
8月 城間正安 85歳 農民運動家。
石坂公歴 77歳 政治運動家。アメリカの日本人収容所で死去。
8月1日 五来欣造 70歳 政治学者、文学者。
8月2日 角田覚治 55歳 海軍中将。テニアンの戦いで戦死。
8月7日 原嘉道 78歳 司法大臣・枢密院議長。
8月11日 小畑英良 55歳 陸軍大将。グアム島で戦死。
8月19日 名川侃市 62歳 弁護士、衆議院議員、鉄道政務次官。
8月21日 阿野季房 37歳 華族。太平洋戦争で戦死。
8月30日 中根龍太郎 44歳 俳優、コメディアン、映画監督。
8月31日 佐々木昂 39歳 教育運動家。
9月2日 高須四郎 61歳 海軍大将。
9月5日 田辺朔郎 84歳 土木工学者。
9月10日 福田把栗 80歳 漢詩人、俳人。
9月11日 今泉定助 82歳 神道思想家。
荒木十畝 73歳 画家。心臓麻痺のため死去。
9月13日 松平頼寿 71歳 貴族院議長。
9月17日 神崎武雄 38歳 小説家。太平洋戦争で戦死。
9月22日 大竹貫一 85歳 衆議院議員。
10月2日 前田利定 71歳 逓信大臣、農商務大臣、貴族院議員。
茨木猪之吉 57歳 画家。穂高岳で消息不明となった。
10月5日 頭山満 90歳 国家主義者、玄洋社総帥。
10月7日 中川小十郎 79歳 貴族院議員、立命館大学創立者。心臓麻痺のため死去。
10月8日 堀啓次郎 78歳 大阪商船社長、貴族院議員。
10月10日 島崎鶏二 38歳 画家。従軍先のボルネオ島で飛行機事故死。
吉原正喜 26歳 プロ野球選手。ビルマで戦死。
10月15日 小栗孝三郎 77歳 海軍大将。
有馬正文 50歳 海軍少将(没後中将に特進)。台湾沖航空戦で戦死。
10月16日 小金井良精 87歳 解剖学者、人類学者。
10月22日 2代市川翠扇 64歳 女優、舞踊家。
10月25日 西村祥治 56歳 海軍中将。スリガオ海峡夜戦で戦死。
関行男 24歳 海軍大尉(没後中佐に特進)。レイテ沖海戦にて特攻を行い、戦死。
10月26日 西沢広義 25歳 海軍飛行兵曹長。ミンドロ島沖で搭乗機が撃墜され、戦死。
10月29日 山崎楽堂 60歳 建築家、能楽研究者。
11月7日 尾崎秀実 44歳 評論家、ジャーナリスト。ゾルゲ事件の首謀者として逮捕され、絞首刑。
11月9日 日向ユキ 94歳 内藤兼備の妻。
11月11日 松旭斎天勝 59歳 奇術師。
早川幹夫 51歳 海軍少将(没後に中将に特進)。オルモック湾海戦で戦死。
11月18日 牧口常三郎 74歳 地理学者、教育者、創価学会創立者。東京拘置所で栄養失調と老衰のため獄死。
久保角太郎 53歳 宗教家。
11月21日 山岡松子 83歳 山岡鉄舟の娘。
11月24日 辻潤 61歳 翻訳家、思想家。自宅アパートで餓死したとされる。
田澤義鋪 60歳 社会教育家、思想家、貴族院議員。脳出血のため死去。
11月25日 町村金弥 86歳 実業家、大久保町長。
11月27日 小野塚喜平次 75歳 政治学者、貴族院議員。
11月28日 初代鶴沢道八 76歳 浄瑠璃三味線方。
11月29日 分部光謙 83歳 近江大溝藩知事。
阿部俊雄 49歳 海軍大佐(没後少将に特進)。艦長を務めていた空母・信濃が米軍に撃沈されて戦死。
11月30日 太田覚眠 79歳 浄土真宗の僧。
庄司乙吉 72歳 東洋紡績社長。
12月1日 村上浪六 80歳 小説家。
田中阿歌麿 76歳 地理学者。
12月2日 沢村栄治 28歳 プロ野球選手。屋久島沖にて乗船していた輸送船が米軍に撃沈され戦死。
12月3日 阿野季忠 59歳 宮内大丞、実業家、貴族院議員。太平洋戦争で戦死。
秋田清 63歳 衆議院議長、厚生大臣・拓務大臣。
12月4日 永井柳太郎 64歳 衆議院議員、拓務大臣・逓信大臣・鉄道大臣。
12月7日 井上哲次郎 90歳 哲学者。
12月11日 宮島幹之助 73歳 寄生虫学者。
12月13日 山下亀三郎 78歳 山下財閥創業者。
12月15日 江渡狄嶺 65歳 思想家。
12月17日 一木喜徳郎 78歳 法制局長官・文部大臣・内務大臣・宮内大臣・枢密院議長。
12月19日 大関松三郎 19歳 詩人。海軍通信隊員として従軍中、輸送船が魚雷攻撃を受けて沈没し、戦死。
12月25日 片岡鉄兵 51歳 小説家。肝硬変のため死去。
12月26日 木村富子 55歳 劇作家。
12月29日 徳川達道 73歳 一橋徳川家当主。
末次信正 65歳 海軍大将、内務大臣。
山川秀峰 47歳 画家、版画家。
昭和20年(1945年)
1月 山口俊雄 49歳 俳優。
1月2日 花田仲之助 86歳 陸軍中佐、社会教育家。
佐々木積 61歳 俳優。
1月4日 寺崎留吉 75歳 植物学者。
1月6日 野口伝兵衛 49歳 農民運動家。
1月8日 高祖保 36歳 詩人。ビルマの野戦病院で死去。
1月9日 嶋崎重和 38歳 海軍少将。台湾で戦死。
1月12日 平井毓太郎 81歳 医学者。
4代吉田小兵吉 74歳 人形浄瑠璃の人形遣い。
1月13日 3代三遊亭圓馬 64歳 落語家。
1月14日 藤井茂太 86歳 陸軍中将。
山代吉宗 45歳 労働運動家。服役中に獄死。
1月15日 10代野村又三郎 81歳 能楽師狂言方。
2代野村徳七 68歳 実業家、貴族院議員。
1月17日 仁井田益太郎 78歳 法学者、裁判官、弁護士。
1月19日 秋元洒汀 77歳 俳人。
1月20日 大久保利和 87歳 貴族院議員。
1月21日 中谷宏運 56歳 彫刻家。動脈硬化症のため死去。
1月22日 柳川平助 67歳 陸軍中将、司法大臣、国務大臣。
1月23日 西原一策 53歳 陸軍中将。
1月24日 大島徹水 75歳 浄土宗の僧。
小林静雄 37歳 能楽研究者。ミンドロ島で戦死。
1月26日 林倭衛 51歳 画家。
1月27日 野口雨情 64歳 詩人、作詞家。
1月29日 内藤久寛 87歳 日本石油社長、衆議院議員、貴族院議員。
1月30日 寒川恒貞 71歳 四国水力電気社長、東海電極製造社長。
橋本進吉 64歳 言語学者、国語学者。
2月8日 内村静子 72歳 内村鑑三の妻。
2月9日 高田畊安 85歳 内科医。
2月12日 田端重晟 82歳 医師。
2月14日 内山小二郎 87歳 陸軍大将。
甲賀三郎 53歳 小説家、戯曲作家。急性肺炎のため死去。
内田正練 48歳 競泳選手。ニューギニアの戦いで戦死。
2月17日 二宮治重 67歳 陸軍中将、文部大臣。
2月18日 建部遯吾 75歳 社会学者、衆議院議員、貴族院議員。
2月20日 光永星郎 80歳 新聞記者、電通創業者。
2月23日 里村欣三 44歳 小説家。陸軍報道班員として従軍中、フィリピンで戦死。
2月24日 河口慧海 80歳 黄檗宗の僧、仏教学者、探検家。脳溢血のため死去。
2月26日 橋本関雪 63歳 画家。
田保橋潔 49歳 歴史学者。
3月1日 別所梅之助 75歳 牧師。
中村良三 68歳 海軍大将。高血圧と急性肺炎のため死去。
3月4日 金森通倫 89歳 牧師。
3月10日 河井荃廬 75歳 篆刻家。東京大空襲のため死去。
6代一龍斎貞山 70歳 講釈師。東京大空襲のため死去。
山岸荷葉 70歳 小説家、書家、劇評家。東京大空襲のため死去。
古屋慶隆 67歳 衆議院議員、内務政務次官。東京大空襲のため死去。
初代吉慶堂李彩 67歳 奇術師。東京大空襲のため死去。
立花家扇遊 62歳 色物芸人。東京大空襲のため死去。
太田仲三郎 59歳 実業家、作家。東京大空襲のため死去。
徳三宝 59歳 柔道家。東京大空襲のため死去。
天野喜久代 49歳 女優、歌手。東京大空襲のため死去。
日森虎雄 47歳 ジャーナリスト。東京大空襲のため死去。
吉村操 41歳 映画監督、脚本家。東京大空襲のため死去。
枩浦潟達也 31歳 大相撲力士(小結)。東京大空襲のため死去。
豊嶌雅男 27歳 大相撲力士(関脇)。東京大空襲のため死去。
3月15日 市川正一 54歳 日本共産党幹部。宮城刑務所で獄死。
鈴江言一 52歳 社会運動家、中国研究者。結核のため死去。
3月17日 3代三遊亭圓遊 68歳 落語家。
山縣正郷 55歳 海軍大将。搭乗機が不時着した後に自決。
3月21日 間宮英宗 75歳 臨済宗の僧。
3月22日 西竹一 44歳 陸軍大佐、馬術競技選手(ロサンゼルス五輪金メダリスト)。硫黄島で戦死。
3月24日 金森遵 40歳 美術史家。従軍先のレイテ島で行方不明となる。
3月25日 大森佳一 63歳 群馬県知事、島根県知事、貴族院議員、内務政務次官。
3月26日 栗林忠道 55歳 陸軍大将。硫黄島で戦死。
西田ハル 41歳 社会運動家。
3月29日 小寺融吉 51歳 舞踊研究者、民俗学者。
3月30日 小室翠雲 72歳 画家。
4月1日 足立文太郎 81歳 解剖学者、人類学者。
小川郷太郎 70歳 商工大臣・鉄道大臣、衆議院議員。乗船していた阿波丸が米軍に撃沈されて死去。
笠間杲雄 61歳 外交官。乗船していた阿波丸が米軍に撃沈されて死去。
竹内新平 52歳 大蔵官僚。乗船していた阿波丸が米軍に撃沈されて死去。
東光武三 40歳 外交官。乗船していた阿波丸が米軍に撃沈されて死去。
4月2日 花子 78歳 女優、ダンサー。丹毒のため死去。
4月3日 阪井久良伎 77歳 川柳作家。
4月6日 初代天中軒雲月 51歳 浪曲師。
4月7日 伊藤整一 56歳 海軍大将。坊ノ岬沖海戦で戦死。
有賀幸作 49歳 海軍大佐(没後中将に特進)。坊ノ岬沖海戦で戦死。
臼淵磐 23歳 海軍大尉(没後少佐に特進)。坊ノ岬沖海戦で戦死。
4月9日 竹内浩三 25歳 詩人。フィリピンで戦死したとされる。
4月12日 中泉行徳 75歳 眼科医。
4月13日 5代岩井粂三郎 64歳 歌舞伎役者。
芥川多加志 24歳 芥川龍之介の次男。出征中のビルマで戦死。
4月16日 荒井寛方 68歳 画家。
田村俊子 62歳 小説家。脳溢血のため死去。
4月17日 小田進吾 50歳 ヴァイオリニスト、作曲家。
4月19日 鈴木宗作 55歳 陸軍大将。ミンダナオ海で戦死。
4月25日 日名子実三 54歳 彫刻家。脳出血のため死去。
4月28日 森岡守成 77歳 陸軍大将。
5月1日 猪熊浅麻呂 76歳 有職故実研究家。
5月5日 常盤大定 76歳 仏教学者。
5月6日 15代市村羽左衛門 72歳 歌舞伎役者。
入沢宗寿 61歳 教育学者。
5月11日 石丸進一 24歳 プロ野球選手。神風特別攻撃隊に参加し、沖縄方面で戦死。
5月16日 桑木彧雄 68歳 物理学者、科学史家。
5月17日 滝精一 73歳 美術史家。
永山在兼 57歳 北海道庁官僚。
5月19日 半田良平 59歳 歌人。
5月20日 閑院宮載仁親王 81歳 皇族、元帥陸軍大将。
景浦將 31歳 プロ野球選手。フィリピン・カラングラン島で戦死(餓死・病死とも)。
5月21日 清沢洌 56歳 ジャーナリスト、評論家。急性肺炎のため死去。
5月23日 藤井乙男 78歳 国文学者、俳人。
5月25日 石井菊次郎 80歳 外務大臣、貴族院議員、枢密顧問官。東京大空襲で死去したとされる。
織田萬 78歳 法学者、貴族院議員、関西大学学長。東京大空襲のため死去。
関保之助 78歳 有職故実研究家。東京大空襲のため死去。
4代柳家枝太郎 70歳 落語家。東京大空襲のため死去。
野村無名庵 58歳 落語評論家。東京大空襲のため死去。
安藤照 54歳 彫刻家。東京大空襲のため死去。
柳瀬正夢 46歳 美術家、画家、デザイナー。東京大空襲のため死去。
長良治雄 27歳 アマチュア野球選手。弾薬輸送船で沖縄に向かう途中、米軍機により撃沈され戦死。
5月26日 谷口恒二 52歳 大蔵次官、日本銀行副総裁。東京大空襲のため死去。
加藤雄策 46歳 実業家。東京大空襲で負傷し、死去。
5月27日 荒木幸雄 18歳 陸軍伍長。特攻隊に参加し、死去。
6月 田部武雄 40歳 プロ野球選手。沖縄戦で戦死。
6月2日 平山信 79歳 天文学者。
6月7日 西田幾多郎 76歳 哲学者、文化勲章受章者。尿毒症のため死去。
6月13日 大田実 55歳 海軍中将。沖縄で自決。
6月17日 尚順 73歳 実業家、貴族院議員。沖縄戦により死去。
6月22日 藤岡武雄 55歳 陸軍中将。沖縄で自決。
相田二郎 49歳 歴史学者。
6月23日 牛島満 59歳 陸軍大将。沖縄で割腹自決。
長勇 51歳 陸軍中将。沖縄で割腹自殺。
6月25日 秋月左都夫 82歳 建築家、実業家。
横河民輔 88歳 外交官、宮内省御用掛、読売新聞社長。
6月26日? 荒井退造 46歳 沖縄県警察部長。摩文仁の壕を出た後消息不明。
島田叡 45歳 沖縄県知事。摩文仁の壕を出た後消息不明。自決したとされる。
6月28日 高楠順次郎 80歳 仏教学者、文化勲章受章者。
山崎覚次郎 78歳 経済学者。
7月1日 田中喜作 61歳 美術史家。
7月2日 藤堂祐範 70歳 浄土宗の僧。
7月4日 利光鶴松 83歳 衆議院議員、小田急電鉄社長。
7月7日 塩澤昌貞 76歳 経済学者、早稲田大学学長・総長。
7月11日 塚本清治 74歳 内閣法制局長官、内閣書記官長、貴族院議員、関東長官。
7月14日 斎藤由理男 44歳 体操指導者。乗船中の青函連絡船が空襲により沈没して死去。
7月17日 香川昇三 51歳 栄養学者。
7月23日 小口忠太 71歳 医学者。
7月26日 大澤三之助 79歳 建築家。
7月30日 石山徹郎 58歳 国文学者。
8月6日 田中一寧 81歳 教育者。広島で被爆死。
光行次郎 73歳 検事総長、貴族院議員。
野手耐 70歳 埼玉県知事・和歌山県知事、弁護士。広島で被爆死。
藤井洋治 59歳 陸軍中将。広島で被爆死。
古田喜三太 58歳 衆議院議員。広島で被爆死。
森田福市 56歳 衆議院議員、貴族院議員、実業家。広島で被爆死。
粟屋仙吉 53歳 大分県知事・広島市長。広島で被爆死。
大塚惟精 62歳 栃木県知事・福岡県知事・石川県知事・内務官僚・広島県知事・貴族院議員。広島で被爆死。
清水直右衛門 45歳? サッカー選手。広島で被爆死。
田中勝之助 45歳 衆議院議員。広島で被爆死。
白井戦太郎 40歳? 映画監督、脚本家。広島で被爆死。
森下彰子 24歳 女優。広島で被爆死。
羽原京子 23歳 女優。広島で被爆死。
8月9日 戸坂潤 46歳 哲学者。疥癬のため獄中死。
8月10日 山川宗彬 56歳 労働運動家。
8月11日 松平頼孝 70歳 鳥類学者、収集家。胃潰瘍のため死去。
佐藤井岐雄 44歳 生物学者。広島で被爆し、原爆症のため死去。
中村省三 不明 海軍大佐。広島で被爆し、原爆症のため死去。
8月13日 松本英一 51歳 映画監督。
林敏夫 31歳 俳優、歌舞伎役者。北満州で戦死。
8月15日 阿南惟幾 59歳 陸軍大将、陸軍大臣。陸軍大臣官邸で割腹自決。
宇垣纏 56歳 海軍中将。玉音放送の後に爆撃機に搭乗して飛び立ち、墜落死したとされる。
岡本清福 52歳 陸軍中将。チューリッヒで拳銃自殺。
森赳 52歳 陸軍中将。クーデターへの参加を拒否したため、殺害された。
白石通教 36歳 陸軍中佐。義兄・森赳をかばった際に巻き添えで殺害された。
椎崎二郎 35歳 陸軍中佐。宮城事件の後、拳銃で自決。
畑中健二 34歳 陸軍少佐。宮城事件の後、拳銃で自決。
古賀秀正 27歳 陸軍少佐。宮城事件の後、拳銃と軍刀で自殺。
8月16日 大西瀧治郎 55歳 海軍中将。割腹自殺。
丸山定夫 45歳 俳優。広島で被爆し、原爆症のため死去。
8月17日 島木健作 43歳 小説家。肺結核のため死去。
8月18日 四手井綱正 51歳 陸軍中将。台北・松山飛行場で飛行機事故死。
8月19日 蓮田善明 42歳 文芸評論家、国文学者。ジョホールバルにてピストル自決。
8月20日 甘粕正彦 55歳 陸軍憲兵大尉、満州映画協会理事長。青酸カリで服毒自殺。
中村甚哉 43歳 社会運動家。舞鶴海軍工廠から脱走して逮捕され、獄死。
工藤勝行 39歳 社会運動家。
高山象三 22歳 俳優。広島で被爆し、原爆症のため死去。
8月21日 園井恵子 33歳 女優。広島で被爆し、原爆症のため死去。
8月22日 角尾晋 54歳 医学者。長崎で被爆し、原爆症のため死去。
飯島与志雄 35歳 右翼運動家。愛宕山で籠城中に手榴弾で自決。
8月24日 田中静壱 59歳 陸軍大将。司令官室で拳銃自殺。
仲みどり 37歳 女優。広島で被爆し、原爆症のため死去。
8月25日 影山庄平 60歳 国家主義者。代々木練兵場で自決。
8月31日 大橋翠石 81歳 画家。老衰のため死去。
9月 戸谷敏之 34歳 歴史学者。フィリピンで戦死。
9月1日 樋口長市 75歳 教育学者。
9月8日 川島義之 68歳 陸軍大将、陸軍大臣。
9月9日 松井茂 80歳 静岡県知事・愛知県知事、貴族院議員。
建川美次 66歳 陸軍中将。
9月10日 赤池濃 67歳 静岡県知事、警視総監、貴族院議員。
松原至文 62歳 宗教家、評論家。
9月11日 織田正信 43歳 英文学者。
9月12日 杉山元 66歳 元帥陸軍大将、陸軍大臣・参謀総長。司令官室でピストル自決。
9月13日 小泉親彦 62歳 陸軍軍医中将、厚生大臣。自宅で割腹自殺。
9月14日 橋田邦彦 64歳 医学者、文部大臣。自宅で青酸カリにより服毒自殺。
吉本貞一 59歳 陸軍大将。市ヶ谷台で自決。
9月15日 神重徳 46歳 海軍大佐(没後少将に特進)。搭乗機が津軽海峡に不時着し、泳いで渡る途中に行方不明。
9月18日 島津保次郎 49歳 映画監督。
9月25日 佐伯有義 79歳 神道学者。
9月26日 松井簡治 83歳 国語学者。
三木清 49歳 哲学者。疥癬と腎臓病のため獄中死。
9月27日 月田一郎 37歳 俳優。
9月28日 松浦鎮次郎 74歳 九州帝国大学総長、貴族院議員、枢密顧問官、文部大臣。
9月30日 生駒長一 41歳 部落解放運動家。
10月1日 小林愛雄 65歳 詩人、作詞家、翻訳家。
10月2日 土田誠一 59歳 倫理学者。
10月3日 杉村楚人冠 74歳 新聞記者、随筆家、俳人。
10月4日 吉田静致 74歳 倫理学者。
小松丑治 70歳 社会運動家、大逆事件被告。
10月7日 倉田高 33歳 チェロ奏者。
10月9日 薄田泣菫 69歳 詩人。尿毒症のため死去。
10月11日 亀尾英四郎 51歳 ドイツ文学者。栄養失調のため死去。
10月14日 本居長世 61歳 作曲家。肺炎のため死去。
10月15日 木下杢太郎 60歳 医学者、詩人、劇作家、翻訳家。胃癌のため死去。
10月16日 田中正平 84歳 音響学者、物理学者、鉄道技師。
10月18日 水野廣徳 71歳 海軍大佐、軍事評論家。腸閉塞のため死去。
葉山嘉樹 52歳 プロレタリア作家。満州の列車内で脳溢血のため死去。
10月21日 深井英五 75歳 日本銀行総裁、貴族院議員、枢密顧問官。
三宅光治 65歳 陸軍中将。ソ連による抑留中に死去。
10月23日 吉満義彦 42歳 哲学者。
10月25日 橘樸 65歳 ジャーナリスト、中国研究家。
10月28日 中島今朝吾 65歳 陸軍中将。
10月29日 成田為三 53歳 作曲家。脳溢血のため死去。
10月30日 堀口九萬一 81歳 外交官、随筆家、漢詩人。
宇治長次郎 75歳 登山ガイド。
11月1日 駒井喜作 49歳 部落解放運動家。
11月3日 松波仁一郎 78歳 法学者。
11月3日 鷹見思水 71歳 雑誌編集者。
11月6日 栗島狭衣 70歳 俳優、新聞記者、劇作家、脚本家。
11月10日 三条公輝 64歳 貴族院議員、掌典長。
11月13日 佐野袈裟美 60歳 社会運動家、評論家。
11月18日 工藤吉郎兵衛 86歳 育種家。
渡辺黙禅 76歳 小説家。
11月19日 二上兵治 68歳 枢密院書記官長、貴族院議員、枢密顧問官。
11月20日 本庄繁 70歳 陸軍大将、枢密顧問官。陸軍大学校内で割腹自殺。
11月21日 堀川清弘 41歳 社会運動家。
11月26日 三宅雪嶺 86歳 哲学者、評論家、文化勲章受章者。
11月27日 平生釟三郎 80歳 貴族院議員、文部大臣、枢密顧問官。
11月28日 森英治郎 59歳 俳優。肺結核のため死去。
三木宗策 55歳 彫刻家。
11月29日 田崎浩一 39歳 映画監督。
12月1日 赤井竜民 48歳 画家。
12月2日 安井てつ 76歳 東京女子大学学長。
岩崎小弥太 67歳 三菱財閥総帥。
12月6日 桑木崇明 61歳 陸軍中将。
12月7日 清水登之 59歳 画家。
4代中村鶴蔵 47歳 歌舞伎役者。
12月9日 初代吉田栄三 74歳 文楽人形遣い。
12月10日 町尻量基 58歳 陸軍中将。
12月12日 下村悦夫 52歳 小説家、歌人。
12月13日 柴五郎 86歳 陸軍大将。9月15日に自決を図り、その傷が元で死去。
4代杵屋佐吉 62歳 長唄三味線方。
12月16日 近衛文麿 55歳 第34・38・39代内閣総理大臣、外務大臣・拓務大臣・司法大臣・貴族院議長。青酸カリにより
服毒自殺。
12月17日 馬田行啓 61歳 仏教学者。
12月18日 米田庄太郎 73歳 社会学者。
12月24日 白石元治郎 79歳 日本鋼管社長。
12月25日 仲田勝之助 60歳 美術評論家、浮世絵研究家。
12月28日 畠山松治郎 52歳 社会運動家。
12月29日 村田峰次郎 89歳 歴しか。
12月30日 四宮兼之 62歳 哲学者。
12月31日 生田葵山 70歳 小説家。

←大正時代 昭和時代2→


 

トップページへ戻る

 

 

inserted by FC2 system

inserted by FC2 system